ニュース

【最大30%オフ】EcoFlow公式ショップで秋セール開催中♪RIVER ProやDELTA Maxがお買い得!

エコフロー 秋のおでかけ応援セール

実機レビュー

TogoPower ADVANCE500 実機レビュー

TogoPower ADVANCE500 実機レビュー

ビックカメラで取り扱いがあるため知名度が増してきたTogoPower株式会社。

ポータブル電源業界は中国企業が多く会社概要もわからない、レビュー・口コミで判断するしかない製品が多いです。

その点、TogoPower株式会社は身元がしっかりしています。

アメリカに本社を置き、日本では埼玉に拠点を作りカスタマーサービスを行っています。

とても良さそうなところに本社がありますね。

TogoPower会社概要-本社

参考:TogoPower本社(322 Paseo Tesoro, Walnut, CA 91789)

TogoPower株式会社にはTogoPowerとBALDRブランドがあり、今回はTogoPowerブランドのADVANCE500をご紹介。

特徴的ですがキャンプ場だと不思議に映えるカラーリングです。

この製品のメリットは「わかりやすいこと」。さまざまなポータブル電源を触ってきましたが一番使いやすいです。

持ち手の部分と側面にあるLEDライトも停電時に大活躍。

ポートが全てカバーで保護され、USBが全て急速充電なのも便利。

出力制限ありますがIHクッキングヒーターも使えます。

created by Rinker
§Togo\POWER
¥40,800 (2022/10/02 18:36:25時点 Amazon調べ-詳細)

ADVANCE500で使える家電 ドリテックIHクッキングヒーター

TogoPower ADVANCE500で使える家電 ドリテックIHクッキングヒーター

TogoPower ADVANCE500でどんなことができるか見てみましょう。

まずはお湯を沸かしたり、ラーメンを作ったり、お鍋をしたり、と使い勝手抜群のIHクッキングヒーターです。

最大1,000W出力なのですが、ADVANCE500では400Wまで使えます。

500mlのお湯を沸かすのに5分ちょっとかかりました。

壁のコンセントだと2分45秒でしたので、倍くらいかかった計算。

5万円以下のポータブル電源で電気ケトルがちゃんと使えるものはありません。

参考記事:ティファール等の電気ケトルを使えるポータブル電源ってありませんか?1000W以上の出力が必要!

倍のお金を出して時間を半分にするか、のんびりお湯が沸く時間も楽しむか、のトレードオフになりますね。

IHクッキングヒーターの使用例に関しては記事にしましたので、詳しいことが知りたい方はご覧ください♪

参考記事:ポータブル電源とIHクッキングヒーターでお湯を沸かす TogoPower ADVANCE500編

ADVANCE500のスペックと機能紹介

外装を見ていきましょう。

カラーはイエロー。画像より実物の方が少しオレンジ色っぽいです。

見慣れるとポップで可愛い。停電時などは見つけやすいでしょうね。

ADVANCE500のスペックと機能紹介

外装は、米国Undewriters Laboratories社が定めるUL94規格でV-0グレードの難燃ABS素材を使用しています。

特徴としては、自己消火性を持ち、グレード的には5段階で2番目に高い。

参考記事:難燃性素材について(テクノUMG株式会社)

もしも発火したとしても周囲に炎が広がらない可能性が高まります。

年に数回はリチウムイオン電池で火災事故が起きていますので、できる限り安全性を考えられているものを選んでください。

参考記事:ポータブル電源の火災事件・爆発・危険事象のニュースをまとめています

ADVANCE500のスペックと機能紹介
天板

天板にはワイヤレスチャージ10Wが搭載されています。

USBポートが一つ空くので、対応機種をお持ちの方には嬉しい機能ですね。ケーブルが不要なのもGood!

ADVANCE500のスペックと機能紹介
向かって左側面

正面から見て左側面はLEDライトと吸気口です。

このLEDライトは、懐中電灯とSOS灯の2タイプで使えます。

ADVANCE500のスペックと機能紹介
向かって右側面

正面向いて右側面は排気口です。ファンは上下に2つあります。

ACコンセントで300Wを超えると作動し始めます。

IHクッキングヒーターを使った時に20cmの距離で測って59dBでした。

IHクッキングヒーターのファン音の方がうるさいのでこちらの音は気にならないかも。

一般的なポータブル電源と同じくらいの騒音レベルです。

バッテリーセルの真横にファンが2つある分、内部の温度は適切に管理しやすいと考えられます。

ADVANCE500のスペックと機能紹介
背面は製品仕様書になっています

ADVANCE500のスペックと機能紹介
底面は注意書き。滑り止めはしっかりしています

ADVANCE500のスペックと機能紹介
左がゴム製のカバー、右がプラスチック製のカバー

珍しく出力ポートにカバーがついてます。簡易な防塵・防滴効果あり。

素材の使い分けもされていてよく考えられていますね。

ADVANCE500のスペックと機能紹介
Togopower ADVANCE500のスペックと機能紹介
ディスプレイ詳細

ディスプレイはADVANCE500のとても秀でた機能です。

電力の動きがわかりやすいので管理を容易にさせます。

ディスプレイの動きを動画にしました↓。

競合製品との比較(Jackery・Anker)

この項では他社製品と比較して、ADVANCE500のメリット・デメリットを見てみたいと思います。

比較対象は以下の二種。

  • Jackery ポータブル電源 400
  • Anker PowerHouse II 400
created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥49,300 (2022/10/03 11:14:02時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

価格帯もスペックも似ている、かつ口コミ評価の高い製品を選びました。

ブランド価格容量AC出力USBサイズLED
Togopower49,800400500QC3.0×3口
PD60W×1口
ワイヤレス10W×1口
230×168×178mm
5.1kg
あり
Jackery44,800400200USB-A×2口230×135×160mm
4.1kg
なし
Anker49,900389300IQ3.0×3口
PD60W×1口
255×148×139mm
4.6kg
あり
Togopower,Anker,Jakery比較表

価格帯と容量、サイズが近い製品を選んでいるのでほぼ同じ。強いていえばJackeryが少し安いかな。

電池種別は全て三元系リチウムイオン電池です。リン酸鉄リチウム電池がよろしい方は以下の参考記事をご覧になってください♪

参考記事:リン酸鉄リチウム電池を搭載したポータブル電源を紹介します


AC出力はTogoPowerが優秀です。300Wと500Wの違いは結構大きい。

300WではIHクッキングヒーターが動きませんが、500Wあれば工夫次第でしっかり使えます。

お湯を沸かしたい、料理をしてみたい方には選ぶ際の重要ポイントですね。


USB出力はガジェットが多くなった現状ではとても重要な要素です。

このクラスのポータブル電源だとコンセントよりはUSBメインの使い方が適しています。

災害時にスマホが生きていれば、生存確率が格段に上がりますので。

パッと見、Jackeryの一人負けですね。どのモデルもJackeryはガジェット充電が貧弱。

AnkerのPDは入出力ができるタイプなので使い勝手が良いです。ACアダプターがなくても充電できるのは本当に快適!

TogoPowerはPDもいいですが、USB-Aが全て急速充電に対応している点が優秀。

天板にワイヤレス充電が付属しているのもポイントが高い。


LEDライトは災害時には必須です。

もしも停電時の活用を考えておられるのならばJackeryは除外されます。LEDが付属しないので。

TogoPowerとAnkerは両方とも2つ使い勝手の異なるものが搭載されていて停電対策にバッチリ。

TogoPowerは白色LED、Ankerは暖色という違いがあります。


この3製品だとどれを選んでも後悔は少ないと思います。

スペックだけで見るとJackeryは少し割高に感じます。カスタマーサービスの質なども加えると仕方がない面もあります。

Ankerは性能・価格面ではTogopowerと同等。デメリットはACコンセントが110Vであること。

効率が悪いだけでなく、家電の故障が起きる可能性もあります。コンセントメインで考えている場合は注意をしてください。

知名度の点でTogoPowerは劣りますが、スペック的には優れていますね。

まとめ:同価格帯では上位に入るコスパモデル

5万円前後のポータブル電源ではかなりスペック的にも使い勝手的にも上位に入る製品です。

他のおすすめを見たい方は「おすすめポータブル電源紹介」をご覧ください♪

カラーリングは好き嫌いが出そうですが、意外とキャンプ場など自然の中では可愛く見えます。

LEDライトやディスプレイの親切さなど機械に疎い方には特におすすめしたいポータブル電源です。

created by Rinker
§Togo\POWER
¥40,800 (2022/10/02 18:36:25時点 Amazon調べ-詳細)

10月3日のセール情報

管理人
爽やかな秋になりましたね。エコフローでセールが始まりました

ブランド公式サイト

今回のセールで安くなっているのはDELTA max +ソーラーパネルやDELTA miniですね。

安全性が高く、充放電サイクルの多い「DELTA 2」が発売されたため、いまさらDELTA miniやDELTA1000を購入するのも躊躇してしまう。そのような方がいらっしゃると思います。

迷ってしまうところですね。「ポータブル電源の火災事件・爆発・危険事象のニュースをまとめています」の記事を見ていただくとわかるのですが三元系リチウムイオン電池だからといって、爆発が頻発しているわけではありません。

使用方法が間違っていたり、よくわからない業者が粗悪な電池を使っているケースなどが目立ちます。

DELTA 2(レビューはこちら)のセール価格はいまのところ最大で10%程度(13万円くらい)。既存のDELTAやRIVERとはかなり価格差があります。

同じくらいの価格で容量が1.5倍以上のDELTA Max(レビューはこちら)、同じように家電が使えるDELTA mini(レビューはこちら)が8万円。

予算や使用シーンとの兼ね合いもあるでしょうから、ご自身にぴったりの製品が見つかることを祈っております。


EcoFlow公式サイトのセールページ外でRIVER Plus+専用エクストラバッテリーが割引になっています

RIVER Plus+専用エクストラバッテリー(76,820円→59,500円)

RIVER Plus専用エクストラバッテリーは半額に。バッテリーだけなのでRIVER Plusをお持ちの方しか使えません。

楽天市場

10/4からお買い物マラソンのためセールアイテム少なめ

  • 【Bluetti EB3Aが29,400円のセール価格です(10/4まで)。さらにポイント10倍。レビュー投稿するとケーブル収納ケースがもらえます】→ BLUETTI公式ショップ

アマゾン

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA2
注目の新製品: BLUETTI EB3A | BALDR PIONEER1500 | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりまる

3.11のとき、福島と栃木の県境に住んでいて大きな被害を受けました。一番困ったのは停電で携帯が充電できなかったこと。ツイッターが使えれば、助けを求めたり情報を得ることができます。真っ暗なのも怖かったけど、孤立感が最も恐怖でした。そのことからポータブル電源の重要さを伝えていくことに。ポータブル電源選びの参考になるサイトを作っていきますのでよろしくお願い致します。 → 運営者情報

-実機レビュー
-, ,

error: Content is protected !!