本記事にはアフィリエイト広告が含まれてます。コンテンツは、全て中立性を保っており、メーカー・広告による影響は受けていません。詳しくは、コンテンツポリシーをご覧ください。

ハイパワーで耐久性があり、安価なポータブル電源が欲しいと思ったことはありませんか? そのような希望に近い製品が今回レビューする「BougeRV ポータブル電源 Fort 1000」です。実売10万円以下のリーズナブルな価格ながら、電子レンジやIHクッキングヒーターも使える力強さを誇ります。

パワーバンクスは、これまでに50台以上のポータブル電源とソーラーパネルを検証してきた経験豊富なチームです。この製品の特徴、性能、そしてコストパフォーマンスについて、その経験から得た視点を通じて詳しく説明します。

キャンプや車中泊に持ち運び、アクティブに使用するのが最適なこの製品は、エコフロー デルタ2との比較でも高いコスパを発揮します。頑丈で長寿命、シンプルな操作が可能で、さらにソーラーパネルと組み合わせることで節電も可能です。

メリットとデメリットがとてもはっきりした製品なので万人にはおすすめしません。「ハイパワーだけど細かい機能があまりなくて少しうるさい」といった豪快なプロダクトが好きな方にハマると思います。

私自身が検証した結果や注意点などを共有します。各ポイントについては、図解や写真を添えて、より直感的に理解を深めていただけるよう心掛けています。それでも解決策が見つからない場合や、何か疑問がある場合は、お気軽にコメント欄にご記入ください。

製品スペックと特徴

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価
アイテム名BougeRV Fort1000
型番Fort1000
メーカーBougeRV
価格135,000円
容量(Wh)1,120Wh
出力(W)1,200W
サイズ横320×高さ280×奥行き229mm
約15kg
バッテリーリン酸鉄リチウムイオンバッテリー
費用対容量(1Whあたり単価)120.5円
電気の波形正弦波
出力(AC出力・DC出力・USB)AC 100V:3口
DC/シガーソケット:3口
USB:3口
Type-C:1口
  • リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載 3,500回以上の充放電サイクル
  • 内蔵の4つの放熱ファン・耐衝撃・耐摩耗
  • 4種類充電方式対応(コンセント・シガーソケット・ソーラーパネル・USB Type-C)
  • ソーラーパネル発電に効率的なMPPT制御方式採用
  • 10台のデバイス同時給電
  • 高品質のアルミニウム合金ケースがもたらすスタイリッシュな外観
  • 視認性の高い大きい液晶画面
  • バッテリー実容量:AC970Wh・DC900Wh(85%以上でとても優秀)[7]

BougeRV Fort1000取扱説明書(クリックするとPDFが開きます)

同梱物は、ACアダプタ、シガーソケット充電ケーブル、ソーラーパネルケーブル(MC 4 to アンダーソン)、取扱説明書。MC4 to アンダーソンケーブルが付属しているため、ソーラーパネル側のポートはMC4コネクタに接続可能です。

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価

アウトドア派必見!コスパ&耐久性で勝負するBougeRV ポータブル電源 Fort 1000を徹底レビュー

これから、BougeRV Fort1000に関する詳細なレビューを始めます。

評価ポイントは、当サイトのレビューポリシーに則り、性能デザイン使いやすさ価格節電効果カスタマーサポートを中心に取り上げます。

各セクションでは、具体的な評価や比較、事例検証を提供し、あなたが最適な選択をするための情報をお届けします。それでは、早速、BougeRV Fort1000のレビューを始めましょう!

評価項目評価星印
性能高い★★★★☆
デザイン無骨★★★★☆
使いやすさわかりやすい★★★★★
価格手ごろ〜安い★★★★★
節電効果高い★★★★☆
カスタマーサポート充実★★★★☆
BougeRV Fort1000 総合評価

性能: 長寿命と高い充電効率

bougervポータブル電源
画像参照:BougeRV公式サイト

BougeRV Fort 1000は、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載しており、3,500回以上の充放電サイクルを持っています。このバッテリーは、毎日充放電サイクルを繰り返しても約10年以上使用することができます。

BougeRVのLiFePO4電池は、鉛蓄電池などのように常にチェックしてバランスを保つ必要がある電解液がないため、高い耐久性を示し、ヘビーデューティーかつローメンテナンスな選択肢です。また、ソーラーパネルの動作に合わせた長寿命設計で、5000回以上のデューティーサイクルに対応しています。[6]

太陽光発電システムのためのバッテリーバンク(蓄電池群)

さらに、MPPT制御方式を採用しており、ソーラーパネルからの充電で最大限の電力を取り出し、充電効率が向上します。

同じデザインで、「BougeRV ポータブル電源 1100Wh」というリチウムイオンバッテリーモデルも販売[1]されています。こちらは充放電サイクル1,500回以上でしたので、リン酸鉄にすることで製品寿命がかなり伸びています。

デザイン: 耐衝撃耐摩耗と視認性の高い液晶画面

BougeRV ポータブル電源 Fort 1000デザイン

高品質アルミニウム合金ケースを採用することで、耐衝撃性と傷つきにくさが向上しています。

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価
とにかく頑丈
BougeRV ポータブル電源 Fort 1000デザイン

頑強であるが故に重量が同クラス帯の中では重い方になっています。バッテリーは危険物なので、これくらい頑丈な方が安心だと個人的には思います。

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価
明るい野外でもディスプレイがはっきり見えます

また、視認性の高いカラー表示の液晶画面を搭載しており、電池残量や接続状況が一目で確認できます。

このディスプレイは、黒地に文字が浮かび上がるように表示されるため、コントラストが高いのが特徴です。

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価

天板が平らであればよかったなぁ、と思います。凹凸があるため、IHクッキングヒーターの安全装置が働いてしまいます。デザイン的にはかっこいいですが機能面では少し勿体無いです。

使いやすさ: 4種類の充電方式対応と10台のデバイス同時給電

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、
前面に、すべての接続端子と操作部が配置されています

BougeRV Fort 1000は、ACポート、DCポート、ソーラーパネルポート(アンダーソン形式)、USB-Type-C PD 60W出/入力ポートを装備し、様々な充電方法に対応しています。本体への充電は、ACとUSB-Cを併用して260Wが最大スピードになります。急速充電が主流になる中では、遅く感じますね。

管理人は急速充電ができるエコフロー デルタ2でもバッテリーのことを考えて200Wで充電しています。急速充電を欲している方は他の製品を選択した方が良いです。

  • ACコンセント(合計1,200W)×3口
  • DC12V出力×2口
  • シガーソケット(12V/10A) 上限120W
  • USB-A急速充電(18W)
  • USB-A(12W)×2口
  • USB-C(60W)・・・入力と出力が可能
  • アンダーソン入力(25V/8A) 上限200W
  • DC5521入力(25V/8A) 上限200W
BougeRV ポータブル電源 Fort 1000出力系統が若干弱い

USB出力系統は若干弱い感じがします。USBポートはあと2口くらい欲しいですね。シガーソケットポートを利用して口数を増やすのもいいかもしれません。

価格: 質の高い性能を手頃な価格で提供

BougeRV Fort 1000は、高い性能と安全性を備えていながらも、手頃な価格で提供されています。希望小売価格は135,000円。しかし、だいたいセール価格になっていて8~9万円台で購入可能です。

関連製品の比較」の項でエコフロー デルタ2やAnker555と比較していますが、コストパフォーマンスに優れたポータブル電源として評価しています。エアコンやドライヤー、IHクッキングヒーターがしっかり使える製品が8万円台で購入できます。

節電効果:BougeRV フレキシブルソーラーパネルと相性抜群

設置方法のパターン 直置き・車への貼り付け・ベランダ

BougeRVのポータブル電源とソーラーパネルを組み合わせることで、電気料金を大幅に節約することができます。

晴天の日には、ソーラーパネルを利用して電力を蓄えておくことができます。そのエネルギーを後でパソコンやIHクッキングヒーター、車載冷蔵庫エアコンなどの家電製品の稼働に利用することが可能です。このような活用法により、商用電源への依存を減らすことができ、電気料金の削減に繋がります。

さらに、BougeRVのソーラーパネルは品質が非常に高く[5]、BougeRV Fort 1000と組み合わせることで、相性の問題を気にせずに効率的な小型発電システムを構築することができます。

この組み合わせにより、持続可能なエネルギーの活用を実現し、環境にも負担をかけずに電気料金を節約することができます。

庭やベランダのちょっとしたスペースでもソーラーパネル発電は始めることができます。

節電効果:BougeRV フレキシブルソーラーパネルと相性抜群
節電効果:BougeRV フレキシブルソーラーパネルと相性抜群
午後2時で160W以上の発電

安全性・カスタマーサポート

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価

BougeRVでは、出荷する製品は、商品の完全性と安全性を確保するために100%の負荷テストが行われています。

そのため初期不良が出る可能性がかなり低くなっています。初期不良機に当たるとがっかりしますし、面倒なことが増えるので、こういった出荷前検査は安心要因ですね。

また、PSE、METI、UN38.3、FCC、RoHSなどの品質テストと安全認証を取得しています。BougeRVのポータブル電源を購入し、もし不良が発生した場合は、24時間以内に対応しています。

フレンドリーなカスタマーサービスと生涯の技術サポートを提供しているそうです。

作りにも安全性に配慮があります。

内部の熱を排出するために大きめのファンが2つ搭載されています。全力で回しても音量は55dB程度です。寝室で充電していると、騒音で寝られない方もいるでしょう。

気になる方もいらっしゃるかもしれませんが、内部に熱がこもるよりは良いと思います。充電は日中に行ったり、騒音が気にならないところにおいて行うと良いですね。

実際の使用シーン

BougeRV ポータブル電源 Fort 1000はしっかり100V!家電を活用する
AC出力100V

この項目では、写真や動画を交えながら、製品が実際にどのように使われているかを紹介します。

ACコンセントは、ご家庭のコンセントと同じ100V出力なので、安心して家電を使うことができます。また、周波数50Hz/60Hzも以下のように変更可能です。

  1. ACポートをon
  2. USB&DCポートを同時に2秒間押す
  3. ディスプレイ表示 50Hz/60Hzが点滅するのを確認
  4. DCボタンで50Hz/60Hzを選択
  5. USB&DCポートを同時に2秒間押して確定する

家電を活用 電子レンジ

本動画では、BougeRV Fort 1000を使って、電子レンジで冷凍パスタを解凍してみました。

600ワット設定の電子レンジで5分30秒かけてパスタを解凍しました。動画では、電源の動作やファンの音もチェックしています。

動画の内容

  • BougeRV Fort 1000ポータブル電源の性能テスト
  • 電子レンジで冷凍パスタを解凍します
  • ファンの音量をチェック
  • 600W設定でも1000W以上の出力が必要
  • ソーラーパネル充電を利用した電気料金節約方法

BougeRV Fort 1000ポータブル電源を使えば、電子レンジを活用して、アウトドアや非常時にも便利に使えます。我が家では日中にソーラーパネルで充電しておき、夕食時の電子レンジの電力はこのポータブル電源だけで賄うといった使い方をしています。

家電を活用 IHクッキングヒーター

本動画では、BougeRV Fort 1000ポータブル電源を使用して、IHクッキングヒーターでお湯を沸かしてカップラーメンを作ります。

曇り空の中、ソーラーパネルで充電しながら実際に料理ができるか試しています。また、ポータブル電源のファン音や充電状況についても確認しています。

動画の内容

  • IHクッキングヒーター(ドリテック製品)の900W出力でお湯を沸かしました
  • ファンの音チェックは50デシベル程度でした
  • ソーラーパネル(BougeRV製品)で充電しながらIHクッキングヒーターが使えました
  • 500mlの水が沸騰までの時間は3分30秒。使用電力は約50Whでした
ポータブル電源とIHクッキングヒーターでお湯を沸かすときにかかる時間

1,200Wのポータブル電源とIHクッキングヒーターの組み合わせでプロパンガスよりも早くお湯を沸かすことができました。

電気ケトルをポータブル電源で使用するには1,500Wは必要になってしまいます。少しでもポータブル電源にかける資金を抑えたいならば、こういった湯沸かしの方法もありかと思います。電気ケトルと違い、調理もできるので汎用性も高いですしね。

充電デバイスに対応する

BougeRVは充電デバイスに対応する

USB-Cポートが一口なのでやはりガジェットの充電は少し不便ですね。

USB-A to USB-Cのケーブルを使わなくなってきているのでブラッシュアップして欲しい部分です。

緊急時・災害時に備える

BougeRVで緊急時・災害時に備える

このセクションでは、ポータブル電源を緊急時や災害時のバックアップ電源として活用する方法を紹介します。停電時には夜間の照明が必要不可欠。乾電池式の懐中電灯も良いですが、ポータブル電源から電力を取るタイプのものも備蓄しておくと安心です。

関連製品の比較(EcoFlow・Anker・PowerArq)

この項目では、競合他社の製品や同じメーカーの類似製品と比較し、ターゲット製品の優位性や選択肢を明確にします。

出力1,000W・容量1,000Whあたりで競合製品を選びました。

  • BougeRV Fort 1000(リン酸鉄リチウムイオンバッテリー)
  • Anker 555 Portable Power Station(リン酸鉄リチウムイオンバッテリー)[2]
  • EcoFlow DELTA2(リン酸鉄リチウムイオンバッテリー)[3]
  • PowerArQ Pro(リチウムイオンバッテリー)[4]
製品価格(円)容量(Wh)出力(W)ポートサイズ最速充電時間
BougeRV135,0001,1201,200AC:3口
DC:3口
USB:3口
Type-C:1口
横320×高さ280×奥行き229mm
約15kg
5.5時間
Anker149,9001,0241,000AC:6口
DC:1口
USB:2口
Type-C:3口
横350×高さ295×奥行き188mm
約13.1kg
4.1時間
EcoFlow143,0001,0241,500AC:6口
DC:3口
USB:4口
Type-C:2口
横211×高さ400×奥行き281mm
約12kg
1.2時間
PowerArQ132,0001,0021,000AC:3口
DC:2口
USB:2口
Type-C:2口
横333×高さ273×奥行き235mm
約10.4kg
7.5時間

BougeRV Fort 1000短評

長所

  • 出力が高い
  • 頑丈で無骨なデザイン
  • わかりやすい操作性

短所

  • 重量が他の製品よりも若干重い
  • 充電時間が他の製品よりも長い

BougeRVの製品は、高い容量と出力を持ちながら、リーズナブルな価格で提供されています。競合製品と比較して、コストパフォーマンスが高いです。ただし、重さがやや大きく、持ち運びに不便を感じることがあるかもしれません。また、最速充電時間は競合製品に比べて長めで、充電に時間がかかることがデメリットとなります。

それでも、BougeRVの製品は高いコストパフォーマンスと多機能なポート構成が魅力的で、価格と性能を重視する方には適した選択肢となるでしょう。

Anker 555 Portable Power Station短評

長所

  • 軽量で持ち運びやすい
  • 最速充電時間が短い
  • 多くのポートを持っている
  • 頑丈な作り


短所

  • 容量と出力が他の製品に比べて低い
  • 価格が高め

Ankerの製品は、信頼性が高く、世界的に有名なブランド。軽量で持ち運びが簡単で、充電時間も短いため、とても使いやすいです。多種多様な充電ポートがあるため、色々なデバイスに対応できます。

一方、少し高めの価格が欠点です。また、容量や出力が他の競合製品に比べてやや劣る場合がありますが、信頼性や使いやすさが魅力です。この4社の中で、カスタマーサービスレベルが最も優れていると考えられます。

ポータブル電源を使い終わった後に無料で回収してくれるサービスがあるため、廃棄や処分方法を重視する方には最適な選択肢となるかもしれません。

created by Rinker
Anker
¥149,900 (2024/02/21 13:46:57時点 Amazon調べ-詳細)

EcoFlow DELTA2

長所

  • 出力が高い
  • 充電時間が短い
  • 軽量で持ち運びやすい


短所

  • 価格が高め
  • 高さがある

EcoFlow製品は、最速充電時間が特徴的です。充電時間がとても短く、1.2時間でフル充電が可能。また、軽くて持ち運びやすく、多くのデバイスに対応できます。充電ポートも多機種対応であり、幅広いデバイスに対応しています。

一方、欠点として、価格がやや高いことが挙げられます。これらを比較すると、エコフロー デルタ2の競争力の強さに驚きます。どれをとっても最強クラスになりますね。

参考記事:エコフロー デルタ 2 レビュー ソーラーパネル、次世代パススルー、充電スピードを検証

PowerArQ Pro

長所

  • 価格が手ごろ
  • リチウムイオンバッテリーなので軽量


短所

  • 出力が他の製品に比べて低い
  • 充電時間が他の製品よりも長い
  • ポートの数が少ない
  • リチウムイオンバッテリーなのでリン酸鉄より安全性が若干劣る

PowerArQ製品の魅力は、手頃な価格であることです。同じ容量と性能を持ちながらも、他の競合製品と比較して高くない価格になっています。また、リチウムイオンバッテリー搭載であるため軽量で持ち運びに便利です。

一方で、出力ポートの数が少ないため、複数のデバイスを同時に充電することができないことがあります。充電に時間がかかるという欠点もあります。安全性が気になる方には、リチウムイオンバッテリーモデルだと魅力的に映らないかもしれません。しかし、価格と軽量さが重要な場合、PowerArQ製品は魅力的な選択肢です。持ち運びの利便性を重視する方には特に適しています。

PowerArQは、福岡県にある加島商事株式会社のポータブル電源メーカーです。純国産メーカーなので、カスタマーサービスやメンテナンスがとても良心的であり、最大のメリットとなります。製品自体はOEMだと思われるため、日本製ではないと考えられます。

created by Rinker
Smart Tap(スマートタップ)
¥132,000 (2024/02/21 13:46:58時点 Amazon調べ-詳細)

結論:デルタ2最強、しかし実売価格ならBougeRV Fort 1000も十分競争力あり

各製品の特徴をまとめますと、以下のような選択肢が考えられます。

  1. コストパフォーマンスを重視する場合: BougeRV Fort 1000
  2. 充電時間が最も短い製品を求める場合: EcoFlow DELTA2
  3. 軽量で持ち運びやすい製品を求める場合: Anker 555 Portable Power Station
  4. ACポートの数が多く、多機種対応できる製品を求める場合: Anker 555 Portable Power Station
  5. 安全性を重視する場合: リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載の製品(BougeRV Fort 1000、Anker 555 Portable Power Station、EcoFlow DELTA2)

単純に比較すると、エコフロー デルタ2は全ての面で優れており、誰もがこの製品を選ぶと思われます。しかし、希望小売価格ではなく実際の販売価格で比較すると、BougeRV Fort 1000も十分な比較対象となります。

BougeRV Fort 1000は希望小売価格の25%〜40%オフ(8〜9万円台)で販売されているためです。

長所と短所

この項目では、製品の長所と短所を箇条書きで列挙し、バランスの取れた判断ができるように公平な情報を提供します。

長所
短所
  • 実売価格であれば非常にコストパフォーマンスが高い
  • 頑強・しっかりバッテリーが守られている
  • 使い方がシンプルで使用状況が把握しやすい
  • 持ち手が運びやすい形状
  • ガジェット用出力ポートが弱い
  • 容量のわりに重量がある
  • アプリがないのは若干不便
  • 充電スピードが遅い
  • ファンがうるさい

BougeRV Fort 1000は、実売価格を考慮すると非常にコストパフォーマンスが高いです。頑丈な構造でバッテリーがしっかりと保護されており安心感があります。

使い方がシンプルで、使用状況が視認性の高いディスプレイで簡単に把握できるのも魅力です。また、持ち手が運びやすい形状になっています。

一方で、ガジェット用の出力ポートが弱い点や、容量に対して重量があることがデメリットとなります。アプリがないため、操作が若干不便に感じる場面もあります。アプリ操作できるポータブル電源が標準になってきているので、アプリがないと不便に感じてしまいますね。

アプリ制御を好まない方にとってはコストダウンにつながるので歓迎すべきことかもしれません。

会社概要:BougeRV(ボージアールヴィ)について

BougeRVの読み方は「ボージアールヴィ」が正解です。ボガブと書かれていることが多いですね。上記の動画でも「ボージアールヴィ」としっかり言ってます。”Bouge”はフランス語で「動く」の意味です。

BougeRVは、アウトドア・モバイル・アドベンチャーのグループによって設立され、”モバイル “を意味する “Bouge”は、BougeRVのアウトドア・スピリットを表現しています。おそらく中国企業から出発し、現在は北米、ドイツ、オーストラリアなど世界中で事業を展開しているワールドワイドなメーカーだと思われます。

元々は車用ルーフラックやカーゴから事業を開始し、車載冷蔵庫やポータブル電源、ソーラーパネルと製品群を広げてきています。

BougeRVは、アウトドアの旅を楽しむ人々に力を与え、美しい場所を探索する旅を勧めることを目的としています。

「世界中を移動してアウトドアを楽しもうぜ!」という社是をそのままプロダクトに落とし込んでいてとても好印象です。日本においては、日本法人を確立し、東京都台東区浅草に拠点を構えています。

製品に質問があったら、ぜひカスタマーサポートに連絡してみてください。とても返信が早く、フレンドリーです。私もポータブル冷蔵庫を購入する際にたくさん質問をして、この会社のファンになってしまうような対応をしてくれました。

企業名Bougerv japan株式会社
住所〒111-0032 東京都台東区浅草6-5-11-1・2F
Bougerv Japan株式会社
〒1110032 東京都台東区浅草6-5-11-1・2F
TEL:0366889146 FAX:0366889146
代表者:チー・ヤンルゥ
店舗運営責任者:斉 艶茹
店舗セキュリティ責任者:Jia Michael
画像参照:BougeRV公式ショップ(楽天市場)

結論:アクティブなキャンプや旅行に持ち運んでタフに使い込める!

BougeRV Fort1000徹底レビュー:性能、デザイン、使いやすさ、価格、節電効果、カスタマーサポートを総合評価

BougeRV Fort 1000は、非常にコストパフォーマンスが高く、頑丈な構造と使いやすさが魅力のポータブル電源です。高さがない分、車内など狭い場所での使用に向いていると思います。

メリットとデメリットがとてもはっきりした製品なので、ハイパワーだけど細かい機能があまりなくて少しうるさい、といった豪快なプロダクトが好きな方にハマると思います。

  • 実売10万円以下で電子レンジやIHクッキングヒーターが使える
  • アクティブなキャンプや旅行に持ち運んでタフに使用することが最も相応しい使い方
  • 価格を考えるとエコフロー デルタ2とも競争できるコスパの高さ
  • 頑丈・長寿命・シンプル操作・ソーラーパネルと組み合わせて電気代節約
  • 本体への充電性能が低く、仕様が少し時代遅れ

ソーラーパネルと組み合わせることで、電気料金の節約効果も期待できます。一部デメリットがあるものの、これらは個々の使用状況やニーズによって影響が異なります。また、軽量さやアプリ対応を重視する場合は、他のオプションも検討することが望ましいでしょう。

アウトドアや非常時のバックアップ電源として、また家庭での節電対策として活用できる点が強みです。

BougeRVの社是である「世界中を移動してアウトドアを楽しもうぜ!」を考慮すると、アクティブなキャンプや旅行に持ち運んでタフに使用することが最も相応しい使い方かもしれませんね!BougeRV Fort 1000は、価格と性能のバランスが良いため、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーおすすめランキング[8]にも入っています。

ぜひ、公式サイトで製品詳細をご覧になってくださいね。

よくある質問と関連情報・脚注

保証期間はどのくらいありますか?

18ヶ月保証です。

パススルー充電は可能ですか?

はい、可能です。しかしバッテリーのことを考えると推奨しません。

関連情報

HOBOTECHさんの動画が一番詳細でわかりやすいです。

脚注

↑1 BougeRV ポータブル電源 1100Wh

↑2 Anker 555 Portable Power Station公式サイト

↑3 エコフロー デルタ 2 レビュー ソーラーパネル、次世代パススルー、充電スピードを検証

↑4 Smart Tap PowerArQ Pro公式サイト

↑5 BougeRV CIGS系フレキシブルソーラーパネル 200W実機レビュー:驚異の軽量・高効率発電を徹底検証!

↑6 太陽光発電システムのためのバッテリーバンク(蓄電池群)

↑7 BougeRV FORT 1000 Portable Power Station Review

↑8 2023年最新版!信頼のブランド×安全性!リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載ポータブル電源おすすめランキング

↑9 品番:700-BTL052(サンワサプライ株式会社)