ポータブル電源 ミニコラム

BigBlue Cellpowa 2500 海外クラファンで大ヒット リン酸鉄リチウム電池搭載ポータブル電源

海外クラファンで大ヒット リン酸鉄リチウム電池搭載ポータブル電源

2022年7月20日から「BigBlue Cellpowa2500」のクラウドファンディングが始まりました。

参考:BigBlue Cellpowa2500プロジェクトページ(GREEN FUNDING)

始まって1日で2台しか売れてないので日本では苦戦しそうですね。

アメリカではIndiegogo(9,500万円)とkickstarter(8,400万円)と大成功を収めています。

海外とはいえ、これだけ売れるということは製品自体に魅力があるのでしょう。

主な特徴をいくつかあげてみます。

特徴

  • リン酸鉄リチウム電池を搭載し3,500回以上の充放電サイクル、頻繁な使用でも10年以上も使用可能
  • 最大1,200W AC入力&1,200Wソーラー入力(充電スピードのオプションあり)
  • 4つの4800RPM超高速ファンを装備して排熱処理に長けている
  • UPS機能(10ms以内)あり
  • アプリで遠隔操作ができる
  • AC100V最大2,500Wなのでほぼ全ての家電を安定的に運用できる

ACコンセントは100Vです。販売企業に質問しました。

大容量リン酸鉄リチウム電池搭載モデルでAC100Vは少ないので、その点は大きなメリットになると思います。

管理人もとても気になりましたので記録がわりに特徴やライバル製品との比較を記述します。

PR案件ではありません。

比較

  • EcoFlow DELTA MAX2000(三元系リチウムイオン電池)
  • Jackery 2000 Pro(三元系リチウムイオン電池)
  • EENOUR P2001(リン酸鉄リチウム電池)
  • BLUETTI AC200MAX(リン酸鉄リチウム電池)

性能や価格帯が近いものを4製品選びました。

さらに電池種別ごとに比較をしてみます。

EcoFlow・Jackeryとの比較

BigBlue Cellpowa2500
画像参照:PRTimesプレスリリース配布資料より

まずは三元系リチウムイオン電池を使っていて性能が近いものと比較。

絶対にリン酸鉄リチウムが良い方は「EENOUR・BLUETTIとの比較」の項へどうぞ。

EcoFlow DELTA MAX2000もJackery 2000 Proも大容量モデルかつソーラーパネルとの併用が想定されている点で「BigBlue Cellpowa2500」と近いものがあります。

ソーラー入力はBigBlueとJackeryが最大1,200W、EcoFlowが最大800Wです。ソーラーパネルでの発電をメインに考えている方には重要なポイント。

製品名価格容量出力充電時間重量充放電サイクル
BigBlue298,000円1,843Wh2,500W1.5時間(80%)25.3kg3,500回
EcoFlow242,000円2,016Wh2,000W2時間(100%)22kg800回
Jackery285,000円2,160Wh2,200W2時間(100%)19.5kg1,000回

価格はEcoFlowが少し安いですね。その代わり充放電サイクル(80%の容量を保証)ではだいぶ劣るので寿命とコストのどちらを取るか。

BigBlue Cellpowa2500はバッテリーがリン酸鉄リチウム電池なので充放電サイクルはダントツで多く、さらに熱暴走時の安全性も高くなっています。

無停電電源装置(UPS) はBigBlueが10ms以内、EcoFlowは簡易UPS機能、UPS機能なし。UPSとしても使えるのはBigBlue Cellpowa2500のみ。

ブランドにこだわりがなければ、BigBlueが最もコスパが良く、安全性も高いポータブル電源と言えそうです。

EENOUR・BLUETTIとの比較

後ほど記述

リン酸鉄リチウム電池製品は「リン酸鉄リチウム電池を搭載したポータブル電源を紹介します」にまとまっています。

BigBlue Cellpowa2500のスペックと特徴

アイテム名セルポワ2500
型番Cellpowa 2500
メーカーBigBlue
価格298,000円
容量(Wh)1,843.2Wh
出力(W)2,500W
サイズ横278×高さ325×奥行き384mm
約25.3kg
バッテリーリン酸鉄リチウム
費用対容量(1Whあたり単価)161.7円
電気の波形正弦波
出力(AC出力・DC出力・USB)AC:6口
DC/シガーソケット:3口
USB:2口
Type-C:4口

まとめ

日本で売れているブランドの製品と比べても性能では引けをとりません。

スペックが良ければ売れるという時代でもありませんしね。その良さを知ってもらうPRも重要なのでしょう。

その点、Jackeryはブランディングがとても上手だと思います。

リン酸鉄リチウム電池を搭載しつつ、UPS機能も装備。ACコンセントも日本仕様の100Vで充放電サイクルは3,500+。

市場に出ている製品の中でもかなり高性能な製品です。

もう少し売れてもいいかな、って思いまして記事を書いてみました。


12月2日のセール情報

管理人
日本代表予選突破ー♪

アマゾン

ポータブル電源のセールアイテムを全てチェック

PayPay

楽天市場

ブランド公式サイト

ブラックフライデーが終わったので、現在はありません。


注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA2
注目の新製品: BLUETTI EB3A | BALDR PIONEER1500 | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりまる

3.11のとき、福島と栃木の県境に住んでいて大きな被害を受けました。一番困ったのは停電で携帯が充電できなかったこと。ツイッターが使えれば、助けを求めたり情報を得ることができます。真っ暗なのも怖かったけど、孤立感が最も恐怖でした。そのことからポータブル電源の重要さを伝えていくことに。ポータブル電源選びの参考になるサイトを作っていきますのでよろしくお願い致します。 → 運営者情報

-ポータブル電源 ミニコラム
-, , ,