ニュース

【最大30%オフ】EcoFlow公式ショップで秋セール開催中♪RIVER ProやDELTA Maxがお買い得!

エコフロー 秋のおでかけ応援セール

ポータブル電源とソーラーパネル

BLUETTI EB3A をソーラーパネルで充電してみよう!(実機レビュー)

BLUETTI EB3A をソーラーパネルで充電してみよう!(実機レビュー)

BLUETTI EB3Aをさまざまなメーカーのソーラーパネルで充電をしてみます。

どのソーラーパネルが使えるかわかりにくいですよね。

BLUETTI純正が使えるのは当たり前なので他社メーカーのものをご紹介します。

ちなみに「[備忘録]折り畳みソーラーパネルの接続方法を調べました」へのコメントで、「BLUETTI PV200 ソーラーパネル 200W」だと130W〜160Wで充電できていると情報をいただきました。

created by Rinker
¥59,980 (2022/10/02 07:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

BLUETTI EB3Aとソーラーパネルの接続方法

BLUETTI EB3AはDC7909でソーラーパネルに接続する
EB3AのDC入力ポート

EB3Aの入力ポートはDC7909という形状です。DC接続については「[備忘録]折り畳みソーラーパネルの接続方法を調べました」で解説しています。

ソーラーパネル側のケーブルがDC7909であれば、メーカーを問わず接続できます。

または、別売りの「BLUETTIポータブル電源用 MC4ケーブル EB70 EB3A に適用 長さ1.5m」を購入して、MC4コネクタのソーラーパネルと接続する方法もあります。

BLUETTI EB3Aはソーラーパネルによるパススルー充電が可能

パススルー充電とは、充電しながら給電できる機能のことです。

ソーラーパネルで充電している時はACコンセントが使えないポータブル電源もあります。

EB3Aに関しては、ソーラーパネルで充電していても全ての出力ポートが使えました。

実際にソーラーパネル充電をしながら、コンセントで電気毛布へ給電してみました。

BLUETTI EB3Aをソーラーパネルで充電
BLUETTI EB3Aをソーラーパネルで充電

左上のPV80Wがソーラーパネルでの充電量。

右下のAC88Wが電気毛布に使われている電力量。

この場合は電力使用量の方が若干多いので少しずつバッテリー容量が目減りしていきます。

接続できたソーラーパネルの紹介

実際に接続し発電できたソーラーパネルをご紹介していきます。

ちょこちょこソーラーパネルを購入しているので少しずつコンテンツが増えていく予定です。

BALDR ソーラーパネル 120W

BALDRのソーラーパネルは、DC5521・DC5525・DC7909・XT60・アンダーソンの5種類の出力形式に対応しています。

BALDRはTOGOPOWER株式会社のブランドでアメリカではウォルマートでも取り扱われている信頼できるメーカーです。

実際に使ってみた結果は、80W〜100Wで発電し、バッテリー残量30%から2時間ちょっとでフル充電でした。

BLUETTI EB3Aをソーラーパネルで充電
ポータブル電源は太陽に当てないようにしてください(撮影用に日向に出してます)

気象条件は晴れ、22℃、12時頃から開始。雲も風もほとんどない日でした。

発電量はアプリでリアルタイムに確認できます。

BLUETTI EB3Aをソーラーパネルで充電

左上のPV86Wが発電量です。

ポータブル電源とソーラーパネルのメーカーが異なっても接続できることがわかりました。

RENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50W

BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する

「RENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50W」は、キャンピングカーやヨット、庭などに設置して使用するタイプのソーラーパネルです。

レノジー社(2010年設立)はカリフォルニア(アメリカ)に本社があり、世界中で使われている信頼あるブランド。

ソーラーパネルだけでなく、バッテリーやチャージコントローラー、インバーターなどオフグリッドシステム商品を包括的に開発・販売しています。

EB3Aは最大200Wでソーラー充電できます。なのに50Wのソーラーパネルを使うのはもったいない感じもしますね。

とはいえ、ソーラーパネルにあまりお金をかけたくない方もいらっしゃると思いますので、実際に購入して実験をしてみました。

この製品のメリットは、価格が安いことです(実売8,000円程度)!

また、元々屋外用のソーラーパネルなので耐候性(耐久・防水)がとても高く、寿命も長い。

この製品は25年間の出力保証で、5年/ 95%効率・10年/ 90%効率・ 25年/ 80%効率となっています。

created by Rinker
¥12,000 (2022/10/02 07:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

それでは、実際に接続をしてみましょう。

必要なものは「RENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50W」と「MC4-DCケーブル」です。ケーブルは純正の「BLUETTI MC4ケーブル EB3Aに適用 長さ1.5m」でもいいですし他社ブランドのものでもOK。

今回は「Smart Tap MC4 - DC8mm 延長ケーブル 10m」を使いました。この製品はケーブルの長さが10メートルあるのでソーラーパネルとポータブル電源を離して設置するときに重宝します。

撮影のためにポータブル電源をひなたに出していますが、実際に充電する際は涼しいところに設置してくださいね。

BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する

画像の通りケーブルが長いので、ポータブル電源は家の中に置いたままでも大丈夫。

キャンプでもテントの中にポータブル電源を置いておいて、ソーラーパネルは日当たりの良いところに設置、といった使い方ができます。

BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する

ソーラーパネルは5層で成り立っておりIP68級の耐候性を持ちます。

IP68は「粉塵が入らない、かつ継続的に水中に沈めても浸水がない」というレベルです。

BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する
BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する

折り畳みソーラーパネルと異なり、コネクタ部分も防水・防塵です。

BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する
MC4ケーブルで繋いでいる様子
BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する
左上のPV34Wが発電量

平均して30W程度、最大で36Wでした。50Wの70%くらいの性能は出ています。

4月に行っているので夏に向かうともう少し発電量は増えると思います。

夜間に30%までバッテリー容量を使い、日中に6〜7時間ソーラー発電するとフル充電、というサイクルが8,000円のソーラーパネルで作れます。

ひとまずベランダやお庭でソーラー発電してみたい方にはおすすめできるソーラーパネルです。

慣れてきたらサイズの大きいものを購入したり、もう一枚同じものを購入して並列接続して見るのもいいかも。

このやり方はJackeryやAnkerのポータブル電源でも応用できます。ともに入電ポートがEB3Aと同じDC7909なので。

BLUETTI EB3AをRENOGY フレキシブル ソーラーパネル 50Wで充電する
管理人
今後はZENDURE、エコフローなどのソーラーパネルと接続実験する予定です

純正ソーラーパネル

純正ソーラーパネルで充電するのが一番手っ取り早いです。

しかし、ちょっと他ブランドより高いのがデメリット。

この記事の趣旨にはそぐわないのですが、一応純正ソーラーパネルも紹介しておきます。セール価格の時ならば他ブランドの定価くらいで購入できます。

純正品で揃えたい場合はBLUETTIが販売しているポータブル電源・ソーラーパネルセットがおすすめ。

MC4ケーブル(1,980円相当)がおまけでもらえるのでお得です。

また、送られてきたものを繋ぐだけでソーラー充電が始めることができます。

created by Rinker
¥89,800 (2022/10/02 10:10:53時点 楽天市場調べ-詳細)

created by Rinker
¥39,800 (2022/10/02 07:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

過去最安値は28,330円(2022/1/4)です。

created by Rinker
¥59,980 (2022/10/02 07:59:54時点 楽天市場調べ-詳細)

過去最安値は44,880円(2022/4/20)です。

まとめ

DC7909ケーブルがあるソーラーパネル、または別売りのMC4-DCケーブルを購入してMC4ケーブルのソーラーパネルと接続することができます。

今後もソーラーパネルを購入するごとにコンテンツを増やしていきます。

何か質問やお困りごとがありましたらコメントでお伝えください。

完璧な回答はできませんが一緒に考えるお手伝いはできますので!


10月1日のセール情報

管理人
爽やかな秋になりましたね。エコフローでセールが始まりました

ブランド公式サイト

今回のセールで安くなっているのはDELTA max +ソーラーパネルやDELTA miniですね。

安全性が高く、充放電サイクルの多い「DELTA 2」が発売されたため、いまさらDELTA miniやDELTA1000を購入するのも躊躇してしまう。そのような方がいらっしゃると思います。

迷ってしまうところですね。「ポータブル電源の火災事件・爆発・危険事象のニュースをまとめています」の記事を見ていただくとわかるのですが三元系リチウムイオン電池だからといって、爆発が頻発しているわけではありません。

使用方法が間違っていたり、よくわからない業者が粗悪な電池を使っているケースなどが目立ちます。

DELTA 2(レビューはこちら)のセール価格はいまのところ最大で10%程度(13万円くらい)。既存のDELTAやRIVERとはかなり価格差があります。

同じくらいの価格で容量が1.5倍以上のDELTA Max(レビューはこちら)、同じように家電が使えるDELTA mini(レビューはこちら)が8万円。

予算や使用シーンとの兼ね合いもあるでしょうから、ご自身にぴったりの製品が見つかることを祈っております。


EcoFlow公式サイトのセールページ外でRIVER Plus+専用エクストラバッテリーが割引になっています

RIVER Plus+専用エクストラバッテリー(76,820円→59,500円)

RIVER Plus専用エクストラバッテリーは半額に。バッテリーだけなのでRIVER Plusをお持ちの方しか使えません。

楽天市場

  • 【Bluetti EB3Aが29,800円のセール価格です(10/4まで)。さらにポイント10倍。レビュー投稿するとケーブル収納ケースがもらえます】→ BLUETTI公式ショップ
  • 【アウトドアデーということで最大25%オフセール開催中(10/2まで)】→ EcoFlow公式楽天市場店
  • 【アウトドアデーということで最大25%オフセール開催中(10/2まで)】→ Jackery Japan 楽天市場店

アマゾン

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA2
注目の新製品: BLUETTI EB3A | BALDR PIONEER1500 | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりまる

3.11のとき、福島と栃木の県境に住んでいて大きな被害を受けました。一番困ったのは停電で携帯が充電できなかったこと。ツイッターが使えれば、助けを求めたり情報を得ることができます。真っ暗なのも怖かったけど、孤立感が最も恐怖でした。そのことからポータブル電源の重要さを伝えていくことに。ポータブル電源選びの参考になるサイトを作っていきますのでよろしくお願い致します。 → 運営者情報

-ポータブル電源とソーラーパネル
-

error: Content is protected !!