実機レビュー

【ELECAENTA(エレカンタ) S600W】電池交換で災害時に安心を!【実機レビュー】

【ELECAENTA(エレカンタ) S600W】電池交換で災害時に安心を!【実機レビュー】

この記事は、「ELECAENTA(エレカンタ)よりS600W貸与の上でのレビュー」となります。

金銭授与なし、忖度なしで書かせてもらう、という条件で受けています。

当サイトはヨイショする記事は一切書かないと決めています。購入を迷っている方の参考になるような記事にしたいと思っております。

\ 管理人が気になった特徴は以下の3点! /

特徴

  1. 新発想!電池交換ができるポータブル電源
  2. 交換用電池だけで充電できる
  3. 最速2〜3時間でフル充電

この記事では、ELECAENTA(エレカンタ) S600Wの特徴を簡単に説明し、他社ポータブル電源との比較写真レビューといったトピックを書いています。

管理人
新発想の交換式充電池は、キャンプなどのアクテビティにも停電時利用においても、とても有効なシステムですね!

ELECAENTA S600W クラウドファンディングプロジェクトページ(Makuake)はこちら

ELECAENTA(エレカンタ) S600Wの特徴

ELECAENTA(エレカンタ) S600Wの特徴

基本的なスペック情報は、Makuakeが一番詳しいと思います。

ELECAENTA S600W クラウドファンディングプロジェクトページ(Makuake)

YouTube動画も質感などがわかりやすいですね。

この項では、他のポータブル電源にはない、個性的な特徴を三点ご紹介します。

最大の特徴は、「電池部分が交換式」であること!

新発想!電池交換ができるポータブル電源

ELECAENTA S600Wにとって、電池交換ができる点が最大のメリットです。

今までにも電池交換式のポータブル電源はありましたが、スペック的に劣るものでした。

容量700Whを超える電池が交換出来るとなると、災害時にもキャンプや車中泊などのアウトドアにも「交換用の電池があって助かったー」という状況が想像できます。

電池交換で何がメリットかというと、ポータブル電源を常に使い続けることができるということ。

そもそもポータブル電源は、電気が蓄えられた箱です。

箱に蓄えられた電気を使ってしまえば、役に立たないものになってしまいます。

電気を家電等に供給しながら、ポータブル電源にも充電をする(パススルー充電)という使い方もありますが、充電量が上回っていなければいつかは空に。

しかし、この交換式電池だと、ポータブル電源で家電等に供給している間に予備の電池を充電できます。

ポータブル電源が空になったら予備に入れ替えて、空になったものを充電する。

つまり、ポータブル電源を使い続けることができます。

こうした使い方ができるのは、この「ELECAENTA S600W」だけ!

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

交換用電池だけで充電できる

ELECAENTA S600W

ポータブル電源本体を使用している間に、予備の電池を充電できます。

この機能は、特に災害時に効果を発揮すると思います。

停電していても、(晴れていれば)ソーラーパネルで予備の電池に充電が可能。

災害に遭遇しないと、なかなかこのメリットは想像できないかもしれません。

管理人は東日本大震災で被災し、長い期間インフラのない生活をしました。

「あの時にこういったシステムがあれば苦痛が減っただろうなぁ」と思っています。

常に電気がある状態を作れる、スマホなどが常に生きた状態を作れる、これだけで災害時の安全度が格段に上がります。

「ELECAENTA S600W+予備電池+ソーラーパネル」、この3点セットで少量な電力量ながらも電気を保持し続けることができます。

このシステムは、「ELECAENTA S600W」でしか得られません。

最速2〜3時間でフル充電

実際にポータブル電源を使ってみて思うのは、「本体への充電が遅いのはかなりのデメリットだなぁ」ということ。

容量が多くなればなるほど、本体への充電時間は長くなります。

次項で他社ポータブル電源と比較していますが、700Whクラスだと充電に8時間ほどかかるのが一般的。

この「ELECAENTA S600W」は3時間くらいで充電可能。

ACアダプターとPD100Wを同時使用し充電した場合です。

AUKEY PowerStudio(レビュー)」でもこの方式がとられていましたので安全面もクリアしているのでしょう。

キャンプの前日にバタバタしていて、ポータブル電源に充電をせずに当日を迎えてしまった。

そんな時も出発前の数時間である程度の充電ができますよ!

結局、買いなのか?他社との比較をしてみよう!

ELECAENTA(エレカンタ) S600WとJackery、ecoflow riverproとの比較

ここでは、「新システムはわかったけど、他のメーカーより優れてるの?お得なの?」とお悩みの方のために他社ポータブル電源と比較しました。

ここにあげているポータブル電源4種はどれも売れていますし、性能もしっかりしています。

人によってベストな機種は異なると思います。

ご利用状況にぴったりのポータブル電源が見つかる一助になれば!

  1. RIVER PRO(EcoFlow)・・・720Wh
  2. Jackery700(Jackery)・・・700Wh
  3. PowerArQ(SmartTap)・・・626Wh
  4. Discoverer 600(Aiper)・・・755Wh
品名 価格 容量 出力 最速充電時間 重さ PD入力/出力
S600W 89,800 740Wh 600W 2〜3時間 ? 入出力100W
RIVER 79,800 720Wh 定格600W
最大1200W
1.6時間 7.6kg 出力100W
ジャクリ 79,800 700Wh 500W 8.5時間 6.3kg なし
パワーアーク 66,000 626Wh 300W 8時間 6kg なし
Aiper 99,800 755Wh 600W 13時間 8kg 30W

※表は右に動かせます

管理人
性能的に最大のライバルは「RIVER PRO(EcoFlow)」かな

容量700Whクラスで比較をしてみました。

電池が交換出来るという点を除いたとしてもスペック的に見劣りしませんね。

「ELECAENTA S600W」の基本性能はとても優れていると言えるでしょう。

次に各ポータブル電源との違いを短くまとめてみます。

RIVER PRO(EcoFlow)

「RIVER PRO」は、クラウドファンディングで5億円以上集めたエコフロー社の人気モデルです。

【EcoFlow】RIVER 600シリーズどれを選べばいいのかな?【他ブランドとの比較・使える家電の紹介】

管理人もクラウドファンディングで応援購入し、日々愛用しています。

性能的に似通っていますが、最も異なる点は出力です。

「RIVER PRO」は出力600W、最大出力1200Wと書かれていますが、EcoFlowの特許申請中の技術「X-Boostテクノロジー」を用いているため電子レンジなどの高出力家電が使える可能性があります(相性などによる)。

「EcoFlow RIVER Pro 専用エクストラバッテリー」で容量を拡張することもできます。

しかし、「EcoFlow RIVER Pro 専用エクストラバッテリー」単体での充電はできないため、予備電池を充電するシステムを組むには「ELECAENTA S600W」を選択することになります。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥79,800 (2021/05/16 17:20:18時点 Amazon調べ-詳細)

Jackery700(Jackery)

ジャクリのJackery700は最も売れているポータブル電源。

レビューでも好評ですし定番とも言える製品ですね。

カスタマーサービスの質の高さもナンバーワン!

性能的には、「ELECAENTA S600W」の方が充電時間が短く、Type-C PD100Wの入出力がある点が上回っていると思います。

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥90,000 (2021/05/16 12:52:44時点 Amazon調べ-詳細)

PowerArQ(SmartTap)

2021年に「PowerArQ Pro」を発売したスマートタップ。

この会社もジャクリと同じようにポータブル電源では先行企業と言えます。

今回比較している「PowerArQ」は少々モデルが古くなっているので、性能的には見劣りします。

そのかわり、セールなどでかなり安くなるので価格を重視する方にはこちらをお勧め。

また、カスタマーサービスの質もとても高いです

性能的には、「ELECAENTA S600W」が全ての面で上回っていると思います。

Discoverer 600(Aiper)

アイパーのDiscoverer 600は、テスラが採用しているパナソニック製電池を使っています。

その分、価格は高くなっていますが安全性は高いと考えられます。

安全性を何よりも優先する方はこちらをおすすめ。

性能的には、「ELECAENTA S600W」が全ての面で上回っていると思います。

ELECAENTA S600Wの写真レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

ELECAENTA(エレカンタ) S600W 実機レビュー

Elecaenta(エレカンタ)とは

Elecaenta(エレカンタ)とは

ここまでご紹介してきたElecaenta(エレカンタ)はどんな企業なのでしょうか。

先方から頂いた情報は以下の通りです。

「Elecaenta(エレカンタ)は、中国国際電子商取引業界一位の上場企業での経験をもつ3人からスタートした会社です。

Elecaenta(エレカンタ)は、「いつでも、どこでも、大切な電力を提供し続け、未来を創造する」を理念に掲げ、皆様のよりよい暮らしのために日々製品を開発し続けています。」

エコフローなどと同じような新興企業のようです。

現在販売している製品がいくつかあります。

【実機レビュー】ELECAENTA(エレカンタ) EP-167 45000mAh/167Wh【災害用大容量LEDライトとして有能】

こちらのポータブル電源はレビューも高評価でやらせもほぼなし。

しっかりと日本での実績を積み上げている企業であることがわかります。

日本で販売しているすべてののELECAENTA商品には、2年間の長期保証がついています。

また、日本人スタッフによるアフターサービスを提供しているので安心♪

まとめ:クラウドファンディングの状況(4月20日まで!)

Makuakeでのクラウドファンディングが2/19に開始しました。

他社ポータブル電源との比較」の項を見て頂くとわかるのですが、最大のライバル「RIVER PRO(EcoFlow)」と比べると1万円高いです。

価格で悩んでいる方には、Makuake特別価格をご紹介します。

おすすめの選択肢は3つ!

1.【33%オフ】 S600W+交換電池+120Wソーラーパネル

【33%オフ】ELECAENTA S600W+交換電池+120Wソーラーパネル

一番のおすすめは、「S600W+交換電池+120Wソーラーパネル」です。

価格は33%オフで117,912円(税込)。

約12万円で、容量1,480Wh(本体プラス交換電池)、出力600Wのポータブル電源とソーラーパネルが手に入ります。

例えば、Jackeryで同じようなセットを作ると、1,000Whポータブル電源(139,800円)+100Wソーラーパネル(34,800円)で174,600円になります。

管理人
約12万円で限りある電力が「半永久的」に使える、そんな安心を手に入れることができます!

2.【32%オフ】 S600W+交換電池

【32%オフ】ELECAENTA S600W+交換電池

ソーラーパネルは持っているよ!という方にはこちらのセットをおすすめ。

価格は32%オフで96,212円(税込)。

約10万円で、容量1,480Wh(本体プラス交換電池)、出力600Wのポータブル電源が手に入ります。

1500Whクラスのポータブル電源には、「ECOFLOW RIVER Pro+専用エクストラバッテリー」があります。

このセットだと1440Whで128,200円になります。

サイズは「ELECAENTA S600W」の方が格段にコンパクトです。

「ELECAENTA S600W」の良さを引き出すために交換電池は必須ですね!

必要があれば交換電池を追加購入すれば、かなりの電力を保持することができ安心です。

3.【37%オフ】 S600W+交換電池×3つ

【37%オフ】 S600W+交換電池×3つ

とにかく電力をたくさん備蓄したいという方にはこちらのセットをおすすめ。

価格は、37%オフで158,256円(税込)。

740Whの電池が4つで2,960Whもの電力をキープできます。

約16万円で3,000Wh近い容量のポータブル電源を購入することはできません。

例えば、東京都が採用しているBLUETTIのポータブル電源「AC200」は2000Whで239,880円。

出力が2000Wあるという違いがあるので簡単には比較できませんが。

小池知事定例記者会見でBLUETTI EB150が紹介されました | 災害対策として電源を確保しよう!

3000Whとはどのくらいの容量なのか?

だいたいiPhone12が220回充電できます。

iPhoneだけに使うわけではありませんが、かなり電力に余裕ができる状態だとおわかりいただけると思います。

まとめ

管理人としては、普段使っている「EcoFlow RIVER PRO」と同じくらい良いなぁ、と思える製品です。

最大出力は600Wと高くはありませんが、その分大容量をコンパクトに備蓄できるのが素晴らしい。

もしも、購入を迷っていて、疑問点などがありましたら、実機がありますのでお答えいたします。

あまりテクニカルなことはわからないので難しいことは公式へお願いします。

実行者への問い合わせ方法がTwitterにあったのでご紹介!

以上、【ELECAENTA(エレカンタ) S600W】電池交換で災害時に安心を!【実機レビュー】という話題でした。

ポータブル電源ランキング

5/15セール情報

EcoFlowがセールを行っています。「EcoFlow公式楽天市場店」オープン記念とのこと。

購入後レビューを書くと保証期間が1年延びるので楽天で購入するのに抵抗がない方はおすすめです(管理人は楽天でよく買い物をしますが嫌いな方もいますので一応)。

【ポイント5倍+10,000円OFFクーポン 5/9 20:00〜】EcoFlow RIVER Pro」が一番お得ですね♪

Jackery楽天市場店でもお買い物マラソンに合わせてセールが行われています。

Amazonセール

楽天セール

レンティオではポータブル電源のレンタルができます

今すぐ見てみる

エコフロー,Anker,JVCケンウッドなどが3,000円からお試しできます!高額商品で失敗が怖い方はまずレンタル♪

価格帯別おすすめポータブル電源

-実機レビュー
-, , ,

Copyright© POWER BANKS | 大容量ポータブル電源の選び方 , 2021 All Rights Reserved.