管理人
EcoFlow公式ショップでエコポイント制度が始まりました。開始を記念してセールが行われています。DELTA MaxやRIVERシリーズなど幅広く最大23%オフに!
世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

ポータブル電源の正弦波とは

ポータブル電源の正弦波とは

そらまる
ポータブル電源は正弦波のものを選べば問題ないです。矩形波や修正正弦波、疑似正弦波だと使えない家電が出てしまいます。

ポータブル電源の購入を検討している方なら、正弦波という言葉を目にすることも多いのではないでしょうか。

ショッピングサイトの製品説明に記載されていることも多いですし、ポータブルバッテリーの選び方を紹介しているサイトでも、正弦波のものを選ぶべきといった意見がしばしば掲載されています。

ただ、なぜ正弦波のバッテリーを購入すべきと言われているのか、そもそも正弦波とは何なのかなど、疑問に思う方も多いはずです。

正弦波とは、正弦関数(sin)に基づいて描かれる曲線のことであり、サイン波とも呼ばれています。

では、なぜ電気製品にこの言葉が使われているかといえば、家庭で使用されているAC電源がこの正弦波の波形を持っているためです。

しかし、ポータブルバッテリーはDC電源です。よって、家庭用の電気製品を使用できるようにするため、DC電源からAC電源へと変換するインバーターが必要となります。

そこで重要となるのが、出力可能な電力の波形なのです。

インバーターには、出力できる波形ごとに3つの種類があります。

それが、「正弦波」、「擬似正弦波」、「短形波」です。

このうち、短形波と擬似正弦波は値段こそ安いものの、波形が通常のAC電源と異なっています。

そのため、これらの波形のインバーターでは、使用できる製品と使用できない製品とが出てきます。

これに対し、正弦波のインバーターなら家庭用の電源と同じ波形を持っていますから、多くの電気製品が使用可能となります。

これが、正弦波に対応したポータブル電源を購入すべきと言われる理由です。

ただし、正弦波のインバーターを採用した製品は高額になる傾向にあります。

とはいえ、せっかくポータブル電源を購入したにもかかわらず、使いたい家電が使用できないのなら意味がありません。

よほど明確な用途やこだわりがない限り、正弦波に対応した製品を購入しておいた方が無難と言えるでしょう。

1/20のセール情報

トピック1:EcoFlow公式サイトでセールが行われています。エコポイント会員制度が始まることを記念してのセールです。会員登録すると2,000円分のポイントがもらえます。

セールアイテムをご紹介します。

おすすめ1位:DELTA Max・・・やっぱり容量が多い方がいいな、という方にはこちら。容量1,612Wh・出力2,000W(サージ2,400W)とかなり強力。さらに最大2台の専用エクストラバッテリーと接続可能(別売り)です!20%オフで149,600円。同価格帯のJackery1500より圧倒的に性能で勝っています。

参考記事:EcoFlow DELTA Max実機レビュー 大容量ポータブル電源の決定版

おすすめ2位:EcoFlow RIVER Pro
・・・RIVERシリーズで最も売れていて汎用性の高いタイプ。容量は720Whとミドルクラス、さらにドライヤーなど1,200Wまでの家電が若干性能を落としつつも使うことができます。22%オフで61,800円。容量が足りなくなったらエクストラバッテリーで倍増できる拡張性もあり。

今回はホワイトカラーの「RIVER Max Plus
」も10%オフ。

参考記事:【実機レビュー】EcoFlow RIVERシリーズどれを選べばいいのかな? | 他ブランドとの比較・使える家電の紹介

おすすめ3位:DELTA mini
・・・2020年にクラウドファンディングで2.8億円集め話題になったEFDELTAの機能進化したミニ版。女性でも片手で持てる重量なのに生活家電のほとんどが使えちゃいます。20%オフで92,400円。出力は1,400W(AC5口)なので一般的な家電はほぼ使うことができます。容量も882Whと普通に使う分には十分。

参考記事:EcoFlow DELTA mini 実機レビュー | 女性が片手で持てるコンパクトさで家電が使える!

世界最速で充電可能なポータブル電源 【EcoFlow(エコフロー)】 公式通販サイト

Amazonセール

楽天セール

PayPayセール




Copyright© POWER BANKS | 大容量ポータブル電源の選び方 , 2022 All Rights Reserved.