ポータブル電源のワット時(Wh)とは

ポータブル電源のワット時(Wh)とは

管理人
ポータブル電源について調べていると、「Wh」という言葉を頻繁に目にしませんか?この記事ではWhについて簡単にご説明します!さらっと言うと「Whはポータブル電源の容量のことで○○ワットのものが○○時間使えるよ」という指標です。ポータブル電源選びにもっとも重要な数字と言ってもいいかもしれません。

Wという文字が入っていることから、何となく電力関係の数値であることは分かるはずですが、具体的にどのような意味なのかを知らないという方も多いでしょう。

Whは電力の量を指す単位です。Wはワット、hは時間を意味するHourですから、読み方はワットアワーとなります。ポータブルバッテリーに記載されているWhは、蓄えることのできる電力量を意味しています。

そのため、この数値が大きいほど大容量のバッテリーと言うことができるのです。

「Whは消費電力×時間」という計算式で求めることができます。

管理人
例えば消費電力が100Wの電気製品の場合、1時間の使用なら100(W)×1(h)=100Whとなりますし、2時間であれば100(W)×2(h)=200Whです

また、分単位での計算も可能です。

ただし、計算式は消費電力×時間(分)÷60となります。

よって、100Wの製品を30分使用する場合なら100(W)×30(分)÷60=50Wh、15分の使用なら、100(W)×15(分)÷60=25Whとなります。

さらに、ポータブルバッテリーの容量と使いたい電気製品の消費電力さえ把握しておけば、その機器を何時間ほど使用できるのかを知ることも可能です。

300Wのポータブルバッテリーで100Wの家電を使用する場合、使用可能な時間は3時間となりますし、同じバッテリーで50Wの家電を使う場合なら、6時間は使用できる計算となります。

ただし変換効率の問題があることから、実際の使用時間はこの数字通りとはいきません。

しかし、おおよそとはいえ、家電製品の使用時間を把握することができますから、車中泊で電気毛布を使いたいなど、明確な使い道がある方はあらかじめ計算しておくと良いですね。

まだデモ阪ですが、ポータブル電源で使える家電の使用時間を計算できるページを作りました。よかったら使ってみて下さい。

ポータブル電源で使える家電の使用時間を計算する

ポータブル電源で使える家電の使用時間を計算する
ポータブル電源で使える家電の使用時間を計算する(DEMO)

ポータブル電源で家電がどのくらいの時間使えるかの計算フォーム。まだ試作版なので品数は少ないです。たいした計算ではないけど、あると便利かな? Contents このページで紹介しているポータブル電源の情 ...

ポータブル電源ランキング

11/30のセール情報

サイバーマンデーというセールが開催されているのでアマゾンのセール情報中心になります(12/1まで)。

普段より安くなっているものからご紹介していきますね。

スーパー目玉は「アイパー(Aiper) 209880mAh/755Wh Discoverer 600」です。テスラも使っているパナソニック製リチウムイオン電池搭載モデルが半額!容量755Wh、出力600Wで59,900円なので同価格帯の中でも最安値+安全性高いポータブル電源になります。

アマゾン以外ですと「エコフロー公式サイト」でEFDELTAのセールをしています。アマゾンよりもお得なセットもあります。

スマートタップ公式サイトでもブラックフライデーセールを行っています。割引額はアマゾンと同じですが、ちゃんとした領収書が出るので法人の方はこちらの方がいいかもしれませんね。
公式サイトはこちらから

Amazonセール

楽天セール

レンティオではポータブル電源のレンタルができます

今すぐ見てみる

Anker PowerHouse,JVCケンウッド,マクセル ポータブル電源 Energy Stationが3,000円からお試しできます!

 




Copyright© POWER BANKS | 大容量ポータブル電源の選び方ガイド , 2020 All Rights Reserved.