【本日終了】EcoFlowが最大25%オフのサマーセールを開催中♪キャンプシーズン前のお買い得チャンス!Jackery公式ショップではJackery1500が20%オフ。ソーラーパネルセットもセール対象です♪

ポータブル電源 ミニコラム

日本企業アイリスオーヤマのポータブル電源をご紹介 リン酸鉄リチウム電池

日本企業アイリスオーヤマのポータブル電源をご紹介 リン酸鉄リチウム電池だよ

ポータブル電源というカテゴリーが大きくなってきて、大手日本企業も少しずつ参入してきました。

今回ご紹介するのはアイリスオーヤマですが、JVCケンウッドや山善といった馴染みの深いメーカーも市場参入を果たしています。

よくわからない中華ブランドが多い中で、知っているブランドが販売している製品は気になりますね。

ポータブル電源を選ぶ際に製品自体の安全性も重要が重要なのはもちろんなのですが、販売メーカーの対応・信頼度もとても大事な要素です。

ポータブル電源の火災事件・爆発・危険事象のニュースをまとめています」という記事でポータブル電源の事故をまとめています。発火・爆発している製品の取り扱いメーカーの一部が消滅していて行政処分なしになっています。いわば売り逃げですね。

「アイリスプラザ Heart Electrical Service ポータブル電源 HPPS1200-R」は、アイリスオーヤマ公式通販サイトや各モール公式ショップ(アマゾン・楽天・PayPay)で販売されています。メーカー保証期間は2年です。

created by Rinker
ハート電機サービス(Heart Electrical Service)
¥139,000 (2022/06/29 15:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

製品スペックとして特に秀でているのは、リン酸鉄リチウム電池を使っていることです。特徴を以下にまとめます。

  • 安全性が高く高寿命のリン酸鉄リチウム電池を搭載
  • 容量1,228Wh・出力1,000W(100V)とある程度の家電が使えるパワーあり
  • Type-C PD65Wが入出力可能
  • 両サイドにあるLEDライトが災害時に有用
  • アイリスオーヤマが取り扱っている安心感

この製品はアイリスオーヤマが開発しているわけではなく「EXHEART ポータブルパワーステーション ESPL-1200G(ハート電機サービス株式会社)」のカラーバリエーションだけ変えたものです。

メーカー保証(2年)もハート電機サービス株式会社が行います。

アイリスオーヤマのオリジナル製品ではないとはいえ、信頼できるメーカーから購入できるのは安心!

アイリスプラザ ポータブル電源 HPPS1200-Rのスペック

型番HPPS1200-R
メーカーアイリスプラザ
価格145,370円
容量1,228Wh
出力1,000W(サージ1,200W)
サイズ横350×高さ252×奥行き185mm
約11.8kg
電池種別リン酸鉄リチウム電池
費用対容量(1Whあたり単価)118.4円
出力(AC出力・DC出力・USB)AC:2口
DC/シガーソケット:3口
USB:2口
Type-C:3口

競合製品との比較

価格や性能が近く評価の高い製品と比較して「アイリスプラザ ポータブル電源 HPPS1200-R」のポジションを見てみたいと思います。

比較対象は以下の3モデル。

  • JVCケンウッド ポータブル電源 BN-RB10-C
  • EcoFlow ポータブル電源 DELTA1000
  • Anker 757 Portable Power Station
アイテム価格容量出力電池重量
アイリス145,370円1,228Wh1,000W(100V)リン酸鉄11.8kg
JVC148,500円1,002Wh1,000W(100V)三元系10.9kg
EcoFlow129,800円1,008Wh1,600W(100V)三元系14.0kg
Anker169,900円1,229Wh1,500W(110V)リン酸鉄19.9kg

パッと見てもアイリスのポータブル電源は競争力のあるバランスのいい製品なのがわかりますね。

リン酸鉄リチウム電池を使った比較対象には「Anker 757 Portable Power Station」を選びました。Ankerはバッテリー業界では大手で信頼もトップクラスのメーカーです。

メジャーブランドJVCケンウッドも容量・出力が近い製品がありましたので選びました。この製品は、「Jackery ポータブル電源 1000」「SmartTap PowerArq Pro」と同等製品と考えられています。元は「Jackery ポータブル電源 1000」で他社がOEMという位置付け。

EcoFlowはポータブル電源をはじめとするエコシステムを開発している会社です。この価格帯では売れ筋商品なので選出。

リン酸鉄リチウム電池がいいならば Ankerと比較

リン酸鉄リチウム電池がいいならば Ankerと比較 アイリスプラザ ポータブル電源

まず、リン酸鉄リチウムを使ったポータブル電源を選びたい場合はアイリスプラザかAnkerになります。

この2製品は容量はほぼ同じ。出力はAnkerが1,500Wなのでほぼ全ての家電が使えます。アイリスプラザは1,000W(サージ1,200W)なので家電を選びますね。

Ankerは、6000系アルミニウム合金でメインフレームを構築し優れた耐衝撃性能を持ちます。UPS(無停電電源装置)を備えており、本格的な用途に向いた製品です。

その分、価格も15%ほど高く、重量も40%ほど重くなっています。ACコンセントが110Vなのも大きなデメリット。

ひとまず災害時の備えならばアイリスプラザで必要十分な性能だと思います。

リン酸鉄リチウム電池を使ったポータブル電源は多数のメーカーから販売されています。気になる方は以下のリンクからどうぞ!

参考記事:リン酸鉄リチウム電池を搭載したポータブル電源を紹介します

よく知っている日本メーカーから選びたいならば JVCケンウッドと比較

よく知っている日本メーカーから選びたいならば JVCケンウッドと比較 アイリスプラザ ポータブル電源

家電量販店で取り扱われている有名なメーカーから選びたいという方もいらっしゃると思います(注:一応、AnkerもEcoFlowも家電量販店で販売されています)。

やっぱり知っているブランドの方が安心ですよね。

JVCケンウッドのポータブル電源はケーズデンキなど家電量販店でも現物を見ることができます。

品質はポータブル電源最大手のJackeryとの共同開発なので文句ない出来。一番のメリットは24ヶ月保証に加え、国内メーカー『JVC』ならではの手厚いアフターサポート。国内のサポートセンターを窓口に対応してくれます。

この辺りのカスタマーサービスは大手日本企業の強みだと思います。ポータブル電源業界だと日本人が日本語で対応してくれるところ自体が少ないです。

アイリスプラザとの大きな差は搭載している電池種別。

アイリスプラザはリン酸鉄リチウム電池、JVCは三元系。

以下の表は電池種別による特性の違いです。NMCが三元系、LFPがリン酸鉄。

安全性や充放電サイクルに優先度を置くならばリン酸鉄を使っているアイリスプラザの方が良いです。

信頼やカスタマーサービスが大きなメリットに感じるならばJVCケンウッド。

created by Rinker
¥148,500 (2022/06/29 22:57:49時点 楽天市場調べ-詳細)

コストパフォーマンスで選ぶなら EcoFlowと比較

コストパフォーマンスで選ぶなら EcoFlowと比較 アイリスプラザポータブル電源

ポータブル電源業界の中では知名度・販売力ともにトップクラスのEcoFlow(エコフロー)。

最近ではポータブルクーラーやホームキットを発表し、エコシステム構築へ邁進中。

EcoFlow製品はヨドバシカメラやビックカメラ、コストコなどでも取り扱っています。

EcoFlowの中で価格帯が近いのがDELTA1000です。

アイリスより10%ほど安く、容量も10%ほど少ない。

その代わり出力は1,600Wとほぼ全ての家電が普通に使えます。

アイリスプラザとの大きな差は搭載している電池種別。

アイリスプラザはリン酸鉄リチウム電池、EcoFlowは三元系。

コストをできるだけ抑えて家電を使いたい方はEcoFlow。

安全性のためにリン酸鉄リチウムが良い方はアイリスプラザ。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥129,800 (2022/06/29 22:57:50時点 Amazon調べ-詳細)

参考記事:EcoFlow DELTA1000 実機レビュー 1,000Whクラスの大本命!

まとめ:災害用に備えるならちょうどいい製品

アイリスオーヤマ株式会社は、宮城県仙台市青葉区に本社があります。

東日本大震災の経験から防災への取り組みが充実しています。

ポータブル電源は非常用電源として重要な位置付けをしているようです。

参考:アイリスオーヤマの防災への取り組み(PDF)

これからポータブル電源の品揃えが増えていくかもしれませんね。

参考:アイリスプラザ ポータブル電源コーナー


アイリスオーヤマらしく価格的に割高感はありません。

性能も選べばたいていの家電が使える出力と容量。

安全性の高さはリン酸鉄リチウム電池なので市場に出ている中ではベストに近い。

充放電サイクルは一般的な三元系リチウムイオン電池に比べ、2倍以上寿命が長くなります。

他社ライバル製品と比べても特に劣るところはなく、機能に派手さはありませんが使い勝手の良いものになっていますね。

日本製のポータブル電源はほとんどないので、「せめて日本メーカーの安全性が高い製品が欲しい!」という方には良い選択になります。

created by Rinker
ハート電機サービス(Heart Electrical Service)
¥139,000 (2022/06/29 15:52:53時点 Amazon調べ-詳細)

6月30日のセール情報

管理人
【本日最終日!】エコフロー、Jackery、TogoPowerのセールがそろそろ終了です♪

ブランド公式サイト

多数のポータブル電源メーカー公式サイトでサマーセールが行われています。

開催ブランドは、Jackery(終了)、EcoFlow、SABUMA(終了)、TogoPower、BLUETTI(終了) 、SmartTapです。

それぞれ開催期間が異なりますのでご注意くださいね。

・【Jackery Solar Generator 1500 ポータブル電源 ソーラーパネル セットが15%オフです。Jackery1500単品は20%オフ!(6/30まで)】→ Jackery公式サイト


【最大25%オフ】EcoFlow(〜6/30)

お買い上げ金額に応じてプレゼント企画があります(SnowPeakエルフィールド、FDチェア、QUOカード)。

いくつかお得なセールアイテムをご紹介♪

EcoFlow DELTA mini

2020年にクラウドファンディングで2.8億円集め話題になったEFDELTAの機能進化したミニ版。女性でも片手で持てる重量なのに生活家電のほとんどが使えちゃいます。

出力は1,400W(AC5口)なので一般的な家電はほぼ使うことができます。容量も882Whと普通に使う分には十分。

参考記事:EcoFlow DELTA mini 実機レビュー | 女性が片手で持てるコンパクトさで家電が使える!

EcoFlow DELTA Max

やっぱり容量が多い方がいいな、という方にはこちら。容量1,612Wh・出力2,000W(サージ2,400W)とかなり強力。さらに最大2台の専用エクストラバッテリーと接続可能(別売り)です!

同価格帯のJackery1500より圧倒的に性能で勝っています。

参考記事:EcoFlow DELTA Max実機レビュー 大容量ポータブル電源の決定版

EcoFlow RIVER Pro

RIVERシリーズで最も売れていて汎用性の高いタイプ。容量は720Whとミドルクラス、さらにドライヤーなど1,200Wまでの家電が若干性能を落としつつも使うことができます。

容量が足りなくなったらエクストラバッテリーで倍増できる拡張性もあり。Jackery708が比較製品になりますが、家電を使いたいならばこちらがおすすめ♪

参考記事:【実機レビュー】EcoFlow RIVERシリーズどれを選べばいいのかな? | 他ブランドとの比較・使える家電の紹介


【最大15%オフ】TogoPower(6/17〜6/30)

父の日キャンペーンとして、TwitterとInstagramでプレゼント企画をしています。

240W ポータブル電源×1台、60W ソーラーパネル×3台が当たります。

公式サイトに情報があります。


【最大25%オフ】SmartTap PowerArq(6/30 11:59まで)

リン酸鉄リチウム電池を使っているPowerArq mini2は20%オフです。

楽天市場

アマゾン

  • 【RIVER ProやDELTA miniなどが最大15%オフ】→ EcoFlow公式ショップ
  • 【BLUETTI EB3Aが8,000円オフになっています。さらにBLUETTI ポータブル電源用MC4ケーブルがもらえます(1,980円相当)。ソーラーパネルを使うのであれば必須です】→ BLUETTI公式ショップ
  • 【Jackery ソーラーパネルセットを中心に最大15%ポイント還元セールになっています】→ Jackery公式ショップ

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA1000
注目の新製品: BLUETTI EB3A | EcoFlow RIVER mini | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

-ポータブル電源 ミニコラム
-, , , ,