【2024年5月】信頼のブランド×安全性!リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載ポータブル電源おすすめランキング

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載したおすすめポータブル電源を紹介します ポータブル電源に関する考察
記事内に広告が含まれています。

注目のリン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載のポータブル電源。その高い安全性と長い寿命から、多くの人々がそのメリットを活用し始めています。

しかし、ポータブル電源は基本的に危険物という性質上、より安全で信頼性の高いものを選ぶことが求められます。

2024年現在、50件以上のポータブル電源による事故が起きています1。数ある製品の中から、安全で信頼性の高いものを見つけるのは一筋縄ではいきません。

家電量販店・ホームセンターでは選択肢が限られてしまうことが多く、一方、アマゾンや楽天では多種多様な製品が並んでいます。そして、その全てが一概に良い製品ではないのが現状です。

パワーバンクスでは、これまでに50台以上のポータブル電源を実際に検証してきた結果をもとに、2024年最新のリン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載ポータブル電源ランキングをお届けします。

選んだ製品は、企業の信頼性、製品の特徴とデメリット、製品の作り込み度、メーカーのカスタマーサポート、そして日本でのメーカー定着度などを考慮して厳選しています。

スペックだけでなく、私自身の経験に基づいた情報をもとに選んだ製品ばかりです。適当に作られたランキングに辟易している方にとって、選択の助けとなることを願っています。

ご自身の状況で、どのポータブル電源がいいのかわからない場合は、どんな質問でも大歓迎ですので、お気軽にコメント欄で教えてくださいね

解説はあとにして、「おすすめポータブル電源」を確認したい方はこの文章をクリックしてください。

安全性の高いポータブル電源選びに重要!メーカーの企業存続可能性

安全性の高いポータブル電源選びに重要!メーカーの企業存続可能性

企業の存続可能性は、ポータブル電源の選び方において最重要項目です。なぜなら、安定した経営基盤を持つメーカーは、製品の品質管理・改善にも力を入れており、信頼性が高いため。

企業が長期的に安定して存在することで、購入後のアフターサービスや継続的なサポートが受けられることが期待できます

また、日本市場だけでなく、世界的な立ち位置を確認することも重要になります。なぜなら、残念ながら日本市場はとても小さいため、重要度が低くく撤退可能性があるためです。

購入後に問題が発生した場合や、製品のアップデートが必要になった際に、メーカーが対応できる体制を持っていることは、安心して製品を使用し続けるためには欠かせません。

そのため、企業の財務状況やブランド評価、市場での実績を調べることで、メーカーの存続可能性を判断することが重要です。

結論として、企業の存続可能性を考慮することで、品質の高いポータブル電源を選び、長期的に安心して使用できる製品を手に入れることができます

ポータブル電源 おすすめメーカー エコフロー・ブルーティ・ジャクリ

パワーバンクスが信頼するポータブル電源ブランド
パワーバンクスが信頼するポータブル電源ブランド

日本では、リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したポータブル電源としては、エコフローやアンカーが売れています。ヨーロッパ・北米では、BLUETTIが先進的かつ高性能と評価され、安全性も高く評価されています。

Jackeryは、リン酸鉄リチウムイオン電池では出遅れましたが、後発だけあり非常に完成度の高い製品をラインナップしています。リチウムイオン電池で売り上げトップだった地力がモノを言い、リン酸鉄でもあっという間にトップセラーに。

世界的に見て、日本市場は非常に小さいため、日本だけでの評判だけでなく、北米・ヨーロッパでの実績も加味する必要があります。財務基盤の弱い企業は小さい市場から撤退していきます。

つまり、世界的に見てメジャーなメーカーである企業が存続可能性が高いと言えます。メーカーに対して、特にこだわりがなければ以下の4社から選ぶことをおすすめします。

EcoFlow(エコフロー)

  • 正式名称:深圳市正浩創新科技(Shenzhen EcoFlow Technology)
  • 設立:2017年
  • 出身:広東省深圳市, 中国
  • 主な事業:ポータブル電源、太陽光発電、エネルギーストレージ、冷蔵庫
  • ウェブサイト: https://jp.ecoflow.com/

Anker(アンカー)

  • 正式名称:安克创新科技股份有限公司(Anker Innovations Technology)
  • 設立:2011年
  • 出身:広東省深圳市, 中国
  • 主な事業:モバイル充電アクセサリー、ポータブル電源、オーディオ製品、コンピュータ周辺機器
  • ウェブサイト: https://www.ankerjapan.com/

BLUETTI(ブルーティ)

  • 正式名称:深圳市徳蘭明海新能源(Shenzhen Poweroak Technology)
  • 設立:2013年
  • 出身:広東省深圳市, 中国
  • 主な事業:ポータブル電源、太陽光発電、エネルギーストレージ
  • ウェブサイト: https://www.bluetti.jp/

Jackery(ジャクリ)

  • 正式名称:深圳市華宝新能源能(Shenzhen Hello Tech Energy co.,Ltd)
  • 設立:2011年
  • 出身:広東省深圳市, 中国
  • 主な事業:ポータブル電源、太陽光発電、キャンプギア、風力発電
  • ウェブサイト:https://www.jackery.jp/

この4社は世界的に見て、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを使用したポータブル電源の分野で高い評価を受けており、競争力のある製品を提供しています。

また、日本市場の開拓にも積極的で日本支社を設立し、カスタマーサービスにも力を入れています

この4社を追いかけるのがALLPOWERS、Zendure、Pecron、Growattと言われています。

パワーバンクスが最もおすすめするポータブル電源ブランドは『Jackery(ジャクリ)』です。

使いたい家電から探す:ポータブル電源選びで失敗しないための3ステップ

ポータブル電源を選ぶ際、メーカーの信頼性やカスタマーサービスの質は非常に重要な要素です。しかし、それだけでは自分に最適な製品を選ぶことはできません。

ポータブル電源選びで失敗しないためには、使用目的に合わせた適切な出力とバッテリー容量を備えた製品を選ぶことが大切です。

必要な電力が得られなかったり、逆に必要以上に大きな製品を選んでしまったりすると、無駄な出費につながりかねません。

そこで、ポータブル電源選びで失敗しないための3つのステップをご紹介致します。

ぴったりのポータブル電源選び
  • ステップ1
    使いたい家電をリストアップする

    まずは、ポータブル電源で使いたい家電を具体的に挙げてみましょう。キャンプ、車中泊、災害時など、どんなシーンを想定しているかを考えながら、必要な家電をリストアップします。

    • 扇風機(10W〜30W)
    • ポータブル冷蔵庫(50W)
    • 電気毛布(80W)
    • 電気ケトル(500W〜1300W)
    • IHクッキングヒーター(300W〜1000W)
    • 炊飯器(650W〜1000W)
    • 電子レンジ(700W〜1400W)
    • エアコン(800W〜)

    リストアップした家電の中で、最も消費電力が大きなものに注目しましょう。その家電の消費電力以上の出力を持つポータブル電源が必要になります。

  • ステップ2
    家電の使用時間から必要なバッテリー容量を計算する

    次に、リストアップした家電をどのくらいの時間使用するかを考えます。使用時間と家電の消費電力から、必要なバッテリー容量(Wh)を計算しましょう。

    必要なバッテリー容量(Wh)は、家電の消費電力(W)と使用時間(h)の積に、安全率として1.2を掛けて計算します。

    例えば、50Wのポータブル冷蔵庫を10時間使用したい場合、必要なバッテリー容量は以下のように計算できます。

    50W × 10h × 1.2 = 600Wh

    この計算結果を目安に、必要なバッテリー容量を満たすポータブル電源を選びましょう。

    Step 1とStep 2で、必要なポータブル電源の出力とバッテリー容量の目安がつかめましたね。

  • ステップ3
    検証済みポータブル電源での家電の使用可否を確認する

    最後に、パワーバンクスが実際に検証したポータブル電源で、リストアップした家電が使用可能かどうかを確認しましょう。

    以下の表は、各ポータブル電源で主要な家電が使用できるかどうかを、○(使用可能)、△(制限付きで使用可能)、×(使用不可)で示しています。

    ポータブル電源扇風機小型冷蔵庫テレビドライヤー電気ケトルエアコン電子レンジ
    BLUETTI AC2A××
    EcoFlow RIVER2×××
    Jackery 300Plus××××
    ALLPOWERS R600××
    BLUETTI EB3A××
    Jackery 600Plus
    DEENO X1500
    Jackery 1000Plus
    EcoFlow DELTA2
    ALLPOWERS R3500

    この表を参考に、使いたい家電に対応したポータブル電源を選ぶことができます。

    もちろん、市場には他にも多くのポータブル電源が存在します。この表に掲載されていない製品でも、表中の製品と同程度の出力とバッテリー容量を持つものであれば、同じように家電を使用できる可能性が高いです。

    ただし、製品の品質や安全性、使い勝手などは、実際に使ってみないとわかりません。この表に掲載された製品は、パワーバンクスが自信を持っておすすめできるものばかりです。

    もし、この表以外の製品を選ぶ際は、メーカーの信頼性やカスタマーサービスの質もしっかりと確認するようにしてくださいね。

おすすめポータブル電源の紹介と評価基準について

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載したポータブル電源の選び方と、2024年最新のおすすめランキング

当サイトでは、様々なポータブル電源を実際に使用し、その性能をポイント(最高得点5.0)で評価しています。

3点台は価格相応の基本的な満足度、4.0〜4.5点は基本機能に加えた特筆すべき点がある、4.5点以上は他製品と比べ際立った高品質であることを示します。

これらの評価は、単なる主観ではなく、以下の基準に基づいています。

  • 各製品を実際に試用し、期待に応えない製品は除外
  • 価格と性能のバランスを重視
  • 追加機能の有用性と価格への見合いを吟味
  • 他製品との比較における優位性を確認

ここでご紹介するポータブル電源はすべて、パワーバンクスのレビューポリシーに則って実際に検証したものです。単なる適当なランキングや、特定の企業のPRを目的とした情報ではありません。

つまり、当サイトのランキングは、信頼性と安全性を第一に、読者の皆様に最良の選択肢を提案することを目的としています。

ぜひ参考にしていただき、ご自身に最適なポータブル電源を見つけてください。どれを選べばいいか悩んでしまった場合は、お気軽にコメント欄から話しかけてくださいね

製品名
※クリックすると解説文に移動
評価(5.0)容量出力重量価格
BLUETTI AC2A5.0204Wh300W
拡張出力600W
3.6kg29,800円
エコフロー リバー24.5256Wh300W
拡張出力450W
3.5kg29,900円
Jackery 300 Plus4.8288Wh300W3.75kg39,800円
ALLPOWERS R6004.0299Wh600W5.8kg31,800円
Enernova ETA3.5288Wh300W
拡張出力550W
4.0kg29,800円
BLUETTI EB3A4.0268Wh600W
拡張出力1,200W
4.6kg39,800円
Jackery 600 Plus4.8632Wh800W7.3kg86,000円
DEENO X1500