ニュース

【最大50%オフ】EcoFlow公式サイトでブラックフライデーセール開催中♪DELTA 2やRIVER Pro、DELTA Maxがお買い得!

EcoFlowブラックフライデーセール2022

実機レビュー

Mango Power E CATL社の高品質バッテリーを搭載した家庭用蓄電池の決定版

Mango Power E CATL社の高品質バッテリーを搭載した家庭用蓄電池の決定版

今回ご紹介する「Mango Power E」はポータブル電源とより大きな家庭用蓄電池の両方を1つのデバイスに統合している製品です。

キャンプや車中泊、イベント、キッチンカーなど野外ではポータブル電源としての可搬性を活かしてあらゆる場所で電力を供給できます。

また、災害・停電時に家庭内の電力を維持するホームバックアップの役割を大容量家庭用蓄電池として担うことも可能。

「Mango Power E」は、一般家庭における電力問題をこれ一台でカバーできる市場最高レベルの性能を誇ります。

開発したMango Power(マンゴーパワー)は、ユーザー中心の製品設計と高品質のバッテリーセルで知られる、ポータブル電源業界の新進気鋭ブランド。詳しい会社情報はまとめの項目に記述します。

「ポータブル電源としてだけでなく、できれば日々の電気代を減らすのにも使いたい」「どんな時も今ある電力環境を維持した」といった方におすすめしたい製品となります。

昨今、エネルギー関連費用が断続的に値上げされており、特に電気代は過去5年間で最高水準まで価格上昇しています。

「Mango Power E」をベースに太陽光発電や電気料金の安い深夜帯での蓄電を組み合わせることにより、電力料金の軽減を図ることもできます。


この記事では、基本的な特徴やスペックを実機を使って説明します。

また、同様なニーズを満たす製品として、「EcoFlow DELTA Pro」「BLUETTI AC300+B300」がありますので比較を行います。

現在クラウドファンディング開催中で、Mango Power E単体だと34%オフで購入できます。詳しい早割価格情報はMakuakeでご覧になってください♪

Mango Power Eの特徴とスペック情報

Mango Power Eはとても先進的な製品ですので多くの特徴があります。

  • 5年保証付きのCATL社の高品質リン酸鉄リチウムイオン電池採用
  • 寒冷地でも安心、マイナス20℃までの充電・稼働が可能
  • 拡張性が高い 追加バッテリーや2台での接続で最大容量14,000Wh(14kWh)
  • 大容量3,500Whが2時間〜2.5時間で充電可能(別売りの高速充電ケーブルを使うと1.5時間に短縮!)
  • 単体で3,000Wの大出力、最大6,000Wまで拡大可能

ここからは一つずつ細かく見ていきましょう。

5年保証付きのCATL社の高品質リン酸鉄リチウムイオン電池採用

Mango Power E

ポータブル電源で最も大事なパーツは?当然バッテリーですよね。

爆発や火災の原因、燃料になってしまうので、品質の良いバッテリーを使っているポータブル電源を選ぶのが安全性のために最も重要です。

最近では、三元系リチウムイオン電池より安全性が高いとされるリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載するポータブル電源が増えてきました。

バッテリーが限界まで使用される熱暴走試験では、三元系バッテリーはリン酸鉄リチウムバッテリーの最大6倍の熱を発生します。

とはいえ、粗悪なリン酸鉄リチウムイオン電池を使っている製品があるのも事実。

CATL社のリン酸鉄リチウムバッテリーは、従来の三元系バッテリーよりはるかに安全で信頼性が高いと言われています。

Mango Power Eのメリットの 1 つであるこのプレミアム シリーズのバッテリーセルは、他の市場オプションよりも耐久性・効率性・安全性に優れています。

安全性を評価されたことにより蓄電池分野で世界シェア1位の座に君臨しています。

CATLは創業当初から蓄電事業を手がけてきた。ただし14年から19年の6年間は蓄電池事業の売上高が全体の5.5%を超えることはなく、業績には波があった。しかし、21年に入ると同事業は爆発的に成長。世界の蓄電池市場で初めてシェア1位となり、売上高は前年比601.01%増の136億2400万元(約2810億円)にまで成長して同社の売上高全体の10.45%を占めた。

テスラ受注巡り火花、「新エネ」覇権争うBYDとCATL(36KrJapan 日本経済新聞)

また、CATL社独自の自己修復技術により、競合するバッテリー ブランドよりもはるかに多くのサイクル、充電、放電、再充電を実行できます。CATL社バッテリーのエネルギー密度は150Wh/kgから183Wh/kgに増加しています。

寒冷地でも安心、マイナス20℃までの充電・稼働が可能

Mango Power E

北海道や長野県、岐阜県の標高が高い地域など冬にはマイナス20℃近くまで気温が下がることがあります。

現在発売されている大容量ポータブル電源は気温下限がマイナス10℃のものが大半。

また、「マイナス10℃まで対応」といっても稼働時の気温であって、充電は氷点下以下では行えません。

Mango Power Eは充電時・稼働時ともにマイナス20℃まで対応しています。

寒冷地にお住まいの方にとって、初めて実用的な大容量ポータブル電源の登場といえるでしょう。

寒い時期の停電で電気が使えないのは致命的ですから。

拡張性の高さであらゆるシーンに適合する

Mango Power Eの拡張性について

Mango Power Eの魅力の一つ、拡張性の高さについて。

Mango Power Eをベースに2方向に増設できます。

追加バッテリーで増設、Mango Power Eを2台接続して増設。

Mango Power Eの拡張性の高さについて

Mango Power Eを2台繋げたときは出力が6,000Wになり、200Vにも対応。

用途が変わった場合もモジュールを追加することで投資が無駄になりません。

より速い充電

Mango Power Eは、1.1cレートで充電するCATL EV クラスのバッテリーを使用しているため、わずか1 時間で80%のバッテリー電力を充電できます。この性能を引き出すには別売の30A対応AC急速充電ケーブルが必要です。

15A〜20Aでも2時間ちょっとでフル充電できるので最速の部類に入ります。

バッテリーを傷めないよう充電スピードも変更可能。

充電時のファン音は58.7dBでした。少しうるさい事務所くらいでしょうか。EcoFlow製品と比べても静か。

Mango Power Eで家電を使ってみよう

Mango Power Eで電気ケトル・電子レンジ・ドライヤーを使う

家庭内の電力バックアップに最適、といわれても高出力家電を複数台使えなければ実用的ではありません。

エアコン使いながら電子レンジで調理して冷蔵庫など動かし続けなければなりません。

実際、どの程度まで使えるかを見るためにハイパワーな家電の代表例である「電子レンジ」「電気ケトル」「ドライヤー」を同時に動かしてみました。

一つ一つを動かすことができるポータブル電源は多々あれど、全部をいっぺんに使える製品はほんの少ししかありません。

  • 電子レンジ:770W(600W設定)
  • 電気ケトル:1,250W
  • ドライヤー:1,200W

全ての出力を合計すると3,220W。定格出力は3,000Wなのですが5分以上継続して使えました。

バッテリー容量がなくなるまで継続して使い続けることができます。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

Mango Power Eのスペック・外観詳細

この項ではMango Power Eのスペックや機能を実機を使ってご紹介していきます。

まずサイズは高さ49.4cm・横幅45.2cm・奥行き34.5cm、重さは約45kg。

10畳用エアコンの室外機くらいの大きさでしょうか。

45kgあるので正直重いです。管理人(女性)は一応持って運べました。普段からゴールドジムでベンチプレスやってるからかな 笑。

後ほど説明しますがキャリーケースのように持ち運べますので、そんなに重量は問題にならなそうです。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

正面左上にアウトプットが集中しています。PDは65Wと100Wの2ポート。複数人で使うことを考えるともう少し多くてもいいと思います。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

ACコンセントは100Vです。

110Vの製品も多いので日本仕様にしっかり対応していて高ポイント。

Mango Power Eのスペック・外観詳細
タッチスクリーン:4.3インチ 480×800

ディスプレイはカラーのタッチスクリーンです。サイズは4.3インチ 480×800。

このディスプレイは現在販売されている機種の中で最高峰の美しさと使いやすさを兼ね備えます。

この画像は晴れた野外で撮影していますが、日光の下でも視認性が高いのが特徴。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

右側面は吸気口と「Cell By CATL」のマーク。信頼性高いバッテリーは大きなアピールポイントですね。

左側面は換気ファンとインプットポート。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

背面はmango powerのロゴ。上部にはキャリー用の持ち手があります。

キャリー用持ち手は、本体の重さに対して若干貧弱に感じました。少ししなるというか。

タイヤも小さいので長距離運ぶ際は注意が必要だと思います。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

天板の両端にある持ち手。

重量があるだけに手が痛くなります。

グリップは効くのですが角がもう少し滑らかだと痛みが軽減すると思います。グローブは必須。

Mango Power Eのスペック・外観詳細

インプット・アウトプットの全体像になります。

わかりやすく綺麗にまとまっていてよく考えられた配置。

USBやコンセントの間隔も干渉しないように絶妙なスペースが設けられています。

同梱のケーブルはAC充電ケーブルとソーラーパネル接続用のMC4ケーブルです。

ケーブルが他社製より太く安全性を重視しているように感じます。

ソーラーパネルもMC4なのでさまざまなメーカーのものを接続できます。

mango power ソーラパネル

とはいえ2,000Wまで増設できるのでMango Powerのソーラーパネルで揃えた方が安心。

AC充電ポートは安全性の高いタイプを採用。

ロックがかかるので外れにくくなっています。

EcoFlow DELTA Pro・BLUETTI AC300+B300との簡単な比較

ポータブル電源として、また家庭用蓄電池のベースとして使えるという共通点を持つ2製品と比較を行います。

優劣というよりは向き不向きがありますので特徴の違いがわかりやすくなれば、と思います。

製品名MangopowerEcoFlowBLUETTI
価格499,880円440,000円499,880円
容量3,500Wh3,600Wh3,072Wh
出力3,000W3,600W3,000W
拡張性14,000Wh・6,000W10,800Wh・6,000W12,288Wh・6,000W
バッテリーCATL製LFPLFPLFP
対応温度充電時:-20℃から40℃
稼働時:-20℃から40℃
充電時:0℃から45℃
稼働時:-10℃から45℃
充電時:0℃から40℃
稼働時:-20℃から40℃
保証期間5年5年4年

どのメーカーも可搬性のある家庭用蓄電池に力を入れているので、性能は拮抗しています。

大きく異なるのはバッテリーの中身と対応温度。

EcoFlowとBLUETTIはリン酸鉄リチウムイオン電池ですがメーカーが公開されていません。

その点、Mango PowerはCATL製なので最上級クラスのバッテリーを使っていることが明らか。

温暖な地域にお住まいの方には関係ないかもしれませんが、充電時・稼働時の対応温度もだいぶ異なります。

寒冷地にお住まいの方はMango Powerがおすすめになります。

created by Rinker
¥440,000 (2022/11/23 19:36:06時点 楽天市場調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

公式サイトで30%オフ(13.2万円オフ)の308,000円になってます(11/25までの限定価格)。DELTA Pro + Wave ポータブルクーラーが45%オフで325,120円なので2万円でポータブルクーラー(16万円)が付いてくるのでお得です!

参考記事:EcoFlow DELTA Pro 実機レビュー あなたの暮らしを守り、生活を変えるポータブル電源

created by Rinker
BLUETTI
¥488,000 (2022/11/24 11:01:09時点 Amazon調べ-詳細)

Mango Power Eはクラウドファンディングで329,900円で購入できます!かなりお得ですのでプロジェクトページをご覧になってください♪

まとめ

「ポータブル電源としてだけでなく、できれば日々の電気代を減らすのにも使いたい」「どんな時も今ある電力環境を維持した」といった方におすすめしたい製品

Mango Power(マンゴーパワー)は中国 天津市南開区で2008年に創業。

家庭用電源ソリューション、ポータブル電源デバイス、および関連アクセサリーの開発に重点を置いたグリーンエネルギーブランドです。Mango Powerの使命は、スマートなグリーンエネルギー製品を各家庭に普及させ、各家庭が二酸化炭素排出量ゼロの未来を実現できるよう支援することです。

参考ページ:Mango Power公式ページ


Mango Power Eは、6つの充電方法と16の出力ポートを備えた蓄電池システムで、アウトドア、ホームバックアップ、野外ライブ、RV車の電源サポート、オフィスの非常用電源としての使用など、様々なライフシーンに適しています。

この製品の最大の特徴は、バッテリーセルの品質が高いことです。Mango Power Eが搭載するCATL LFPセルは、他社製品より耐久性、効率性、安全性に優れています。リン酸鉄リチウムイオン電池搭載モデルの中でも特に安全性が高いといえるでしょう。

アメリカではTesla社のPowerwallと比較されているようです。その際にポータブルであること、可搬性の部分がアドバンテージになっているようです。

Mango Power Eは、モジュール式のため3,500Whのバッテリーを拡張可能で、家庭用回路に接続してバックアップ電源を供給することもできます。バッテリーパックを2個搭載したユニットを最大2台まで同時に接続し、合計14kWhの容量を確保することができます。

充電は、ACコンセント、ソーラーパネルなどで行うことができます。Mango Power Eは、BluetoothとWi-Fiを搭載しており、スマート機能を追加し、ユーザーは製品の状態に関する情報をリアルタイムで受け取ることができます。急速充電モードでは、1時間で80%まで充電することができます。

二酸化炭素排出量ゼロを達成するためにMango Power フォレスト プランがあります。

マンゴー パワー フォレスト プランは、地球により環境に優しく、より良い生活を実現するための取り組みです。Mango Powerアプリを通してグリーンエネルギー48kWhごとに、世界中で協力している国立公園の 1 つに植樹します。

パーソナライズされたスマート エネルギーおよびカーボン フットプリント レポートを使用して、Mango Powerアプリで Mango Power Forest Planにどのように貢献しているかを追跡できます。

環境に配慮しつつ、自分の生活を守ることができるポータブル電源・蓄電池のMango Power E

日本ではまだまだ知名度はないかもしれませんが、世界最強のバッテリーブランドCATLとアメリカ市場を席巻中。

特に寒さ厳しい自然環境にお住まいの方にはおすすめしたい製品です。

クラウドファンディング中であれば、他社製品よりもかなりお得に購入できますので、ぜひMakuakeをご覧になってください!

開示

この記事はスポンサー付きの投稿です。レビュー製品は貸し出しのみであり、金銭及び製品の授与はありません。PowerBanksの意見、レビュー、その他の編集コンテンツは客観的なままであり、スポンサーシップの影響を受けません。


11月24日のセール情報

管理人
日本代表勝ちましたねー!エコフロー公式サイトのセール開催中です♪

ブランド公式サイト



EcoFlow ブラックフライデーセール2022が12/1まで開催されています

詳しくは「最大50%オフ EcoFlow ブラックフライデー お買い得製品をご紹介」でどうぞ!

アマゾン

楽天市場

27日までブラックフライデーセール開催中です

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA2
注目の新製品: BLUETTI EB3A | BALDR PIONEER1500 | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりまる

3.11のとき、福島と栃木の県境に住んでいて大きな被害を受けました。一番困ったのは停電で携帯が充電できなかったこと。ツイッターが使えれば、助けを求めたり情報を得ることができます。真っ暗なのも怖かったけど、孤立感が最も恐怖でした。そのことからポータブル電源の重要さを伝えていくことに。ポータブル電源選びの参考になるサイトを作っていきますのでよろしくお願い致します。 → 運営者情報

-実機レビュー
-, ,