ニュース

【最大30%オフ】EcoFlow公式ショップで秋セール開催中♪RIVER ProやDELTA Maxがお買い得!

エコフロー 秋のおでかけ応援セール

ポータブル電源 ミニコラム

ポータブル電源のデメリット 処分・捨て方が準備されてるマクセル Energy Station

日本企業の電池メーカー マクセル ポータブル電源「Energy Station(エナジーステーション) MES-TR1000

家電量販店での販売も拡大され、普及していくにあたり「ポータブル電源の廃棄方法が不透明」という問題が上がっています。

今回、ご紹介するポータブル電源はあらかじめ捨てる方法を製造段階で考えて作られています。

現在お持ちのポータブル電源の捨て方や廃棄方法の問題解決には関係ありませんが、これから購入する場合には選択肢の一つにはなるかもしれません。


2016年ごろからAmazonなどショッピングモールでお手頃に買えるようになり、初期に購入された方の製品は寿命が近づいていると思います。

実際、管理人も3台ほど使えないポータブル電源が倉庫に眠っています。

メーカーに問い合わせして引き取ってもらえたものもあります。ELECAENTA(エレカンタ)は着払いで引き取ってくれました!

だいたいは「自治体のルールに則ってお捨てください」というお返事が来て終了。

そんなポータブル電源のデメリットを製造段階で問題解決した製品が発売されました。

マクセル ポータブル電源「Energy Station(エナジーステーション) MES-TR1000」です。

日本企業の電池メーカーが作るポータブル電源。

具体的には、内臓バッテリーパックが取り出し可能な形になっています。

このバッテリーパックが「資源有効利用促進法」における小型充電式電池として、回収できるサイズに作られています。

参考:小型二次電池のリサイクル(資源有効利用促進法)/ 経済産業省

「不要になった小型二次電池からは、カドミウムやコバルト、ニッケルといった金属が取り出され再利用されます」とのこと。

廃棄方法まで考えられたポータブル電源は今まで存在しなかったのでアイデア商品だと思いました。

バッテリーがリン酸鉄リチウムイオン電池、UPSとして利用可能など基本的な性能もしっかりしています。

マクセル ポータブル電源 Energy Station MES-TR1000の特徴

マクセル公式サイトより特徴をリストにしてみます。

参考ページ:マクセル ポータブル電源 Energy Station MES-TR1000(公式サイト)

  • 本体から取り外せるバッテリーパックが、回収・リサイクル可能
  • リン酸鉄リチウムイオン電池を搭載し安全性高く長寿命
  • 充放電サイクル3,000回
  • 容量1,000Wh、最大出力1,000W
  • UPS(無停電電源装置)とパススルー機能あり
  • 本体充電中に停電が起きると自動でLEDライトが点灯

容量1,000Wh、最大出力1,000Wなのでエアコン、電子レンジ、電気ケトルなどの高出力家電の使用には向いてませんね。

PC周りでUPSとして使うのが最適でしょうか。UPSの切り替え時間は記載なしです。

なんといっても最大の特徴は「本体から取り外せるバッテリーパックが、回収・リサイクル可能」であること。

リン酸鉄リチウムイオン電池なので、廃棄処分を考えるのは10年後くらいになります。

その頃にはどうなっているかわかりませんが、捨て方に悩まずに済みます。

マクセル ポータブル電源 Energy Station MES-TR1000のスペック

アイテム名Energy Station(エナジーステーション)
型番MES-TR1000
メーカーマクセル株式会社
価格218,000円
容量(Wh)1,075Wh
出力(W)1,000W
サイズ横210×高さ320×奥行き358mm
約16kg
バッテリーリン酸鉄リチウムイオン電池
費用対容量(1Whあたり単価)202.8円
電気の波形正弦波
出力(AC出力・DC出力・USB)AC:2口
DC/シガーソケット:0口
USB:6口
Type-C:1口

他社製品との簡易比較

容量1,000Wh、最大出力1,000W程度でリン酸鉄リチウムイオン電池、三元系リチウムイオン電池の製品と簡単に比較してみましょう。

ブランド価格容量(Wh)出力(W)バッテリー1Whあたり単価充電時間
マクセル218,000円1,0751,000リン酸202.8円5時間
Jackery149,800円1,0021,000三元系139.5円1.8時間
EcoFlow143,000円1,0241,500リン酸139.6円1.2時間

どうしても目立ってしまうのがマクセルの価格設定が高いこと。希望価格なので、実際に流通したらもう少し安くなる可能性もありますが。

168,000円くらいなら競争力がありそうですね。

created by Rinker
¥143,000 (2022/10/02 11:33:11時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥149,800 (2022/10/02 11:59:51時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ:価格が少し高いがアイデアの詰まった良品

マクセル株式会社は1960年に大阪府で創業。元々は日立グループで乾電池が主力事業でした。

現在はさまざまな事業を行なっているようです。Twitterがとても活発で企業コラボや企画がいっぱい。

日本製のポータブル電源をお探しの方が多いですがほとんどありません。

日本企業の電池メーカーが作るポータブル電源であれば、日本製ではなくても少し安心と思う方もいらっしゃると思います。

確認中ですが日本製かもしれません。

廃棄方法まで考えて製造するのはさすが日本企業。

性能的には容量1,000Wh、出力1,000Wと価格を考えると少し物足りない感じ。

取り出せるバッテリーパックが別売りで販売されると、予備バッテリーを持てるので防災用としても高く評価できるようになります。

実際、エレカンタやスマートタップからはバッテリー入れ替え式のポータブル電源がリリースされていて好評。

バッテリーの処分が簡単、UPSとして使える、日本企業の製品、カスタマーサービスの質といったところを評価するなら候補に入りそうです。

ポータブル電源の廃棄問題に一つのヒントを与えてくれた製品として、個人的にとても興味を持ちました。

もう少し価格がこなれてくるとヒットしそうですね。


10月2日のセール情報

管理人
爽やかな秋になりましたね。エコフローでセールが始まりました

ブランド公式サイト



今回のセールで安くなっているのはDELTA max +ソーラーパネルやDELTA miniですね。

安全性が高く、充放電サイクルの多い「DELTA 2」が発売されたため、いまさらDELTA miniやDELTA1000を購入するのも躊躇してしまう。そのような方がいらっしゃると思います。

迷ってしまうところですね。「ポータブル電源の火災事件・爆発・危険事象のニュースをまとめています」の記事を見ていただくとわかるのですが三元系リチウムイオン電池だからといって、爆発が頻発しているわけではありません。

使用方法が間違っていたり、よくわからない業者が粗悪な電池を使っているケースなどが目立ちます。

DELTA 2(レビューはこちら)のセール価格はいまのところ最大で10%程度(13万円くらい)。既存のDELTAやRIVERとはかなり価格差があります。

同じくらいの価格で容量が1.5倍以上のDELTA Max(レビューはこちら)、同じように家電が使えるDELTA mini(レビューはこちら)が8万円。

予算や使用シーンとの兼ね合いもあるでしょうから、ご自身にぴったりの製品が見つかることを祈っております。


EcoFlow公式サイトのセールページ外でRIVER Plus+専用エクストラバッテリーが割引になっています

RIVER Plus+専用エクストラバッテリー(76,820円→59,500円)

RIVER Plus専用エクストラバッテリーは半額に。バッテリーだけなのでRIVER Plusをお持ちの方しか使えません。

楽天市場

  • 【Bluetti EB3Aが29,400円のセール価格です(10/4まで)。さらにポイント10倍。レビュー投稿するとケーブル収納ケースがもらえます】→ BLUETTI公式ショップ
  • 【アウトドアデーということで最大25%オフセール開催中(10/2まで)】→ EcoFlow公式楽天市場店
  • 【アウトドアデーということで最大25%オフセール開催中(10/2まで)】→ Jackery Japan 楽天市場店

アマゾン

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA2
注目の新製品: BLUETTI EB3A | BALDR PIONEER1500 | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりまる

3.11のとき、福島と栃木の県境に住んでいて大きな被害を受けました。一番困ったのは停電で携帯が充電できなかったこと。ツイッターが使えれば、助けを求めたり情報を得ることができます。真っ暗なのも怖かったけど、孤立感が最も恐怖でした。そのことからポータブル電源の重要さを伝えていくことに。ポータブル電源選びの参考になるサイトを作っていきますのでよろしくお願い致します。 → 運営者情報

-ポータブル電源 ミニコラム
-

error: Content is protected !!