ポータブル電源 ミニコラム

Togopower ADVANCE1000 発売!Jackery ポータブル電源 1000の対抗馬となるか?

Togopower ADVANCE1000レビュー

この記事は、「Togopower株式会社よりADVANCE1000について情報提供を受けた上での新商品プレスリリース」です。

「金銭授与なし、製品授与なし、忖度なしで書かせてもらう」という条件で受けています。

日本でもTogopower・BALDR製品の品質の良さを広めたいということですので、当サイトも微力ながらお手伝いしています。

とはいえ、メディアの中立性もありますので贔屓はしません。どんな製品も良い点悪い点がありますので、ポータブル電源の購入に迷われている方のための記事を書いています。


Togopower株式会社はロサンゼルスに本社を置くアメリカ企業です。

2020年埼玉県吉川市にポータブル電源支社を設立し、2021年5月日本市場に参入。

BALDRブランドもTogoPower株式会社の製品とのこと。

アメリカでは発電機も製造していて、Amazonだけでなくウォルマートの実店舗でも販売している信頼あるブランドです。

これまでBALDRブランドとTogoPowerブランド合わせてポータブル電源6種、ソーラーパネル4種を販売しています。

TogoPower BALDR ポータブル電源, ソーラーパネル 製品一覧

2021年11月に発売されたTogopower ADVANCE1000。

1,000Wクラスで一番売れている「Jackery ポータブル電源 1000」をライバル製品と見据えた新製品です。

この記事では、「Togopower ADVANCE1000の特徴」と「Jackery ポータブル電源 1000・SmartTap PowerArq Proとの比較」という2項目について記述していきます。

管理人
なんと1,000Wの出力を持ちながら定価122,500円という良心的な価格です♪

Togopower ADVANCE1000の特徴

Togopower ADVANCE1000
サイズは横29cm・高さ20cm・奥行き20.1cm・重さ8.55kg

管理人が考えるこの製品の特徴を5つほど挙げてみました。

製品が手元にないのでカタログスペックからの情報になります。

  • 出力1,000W・容量933Whと幅広く家電をカバーする性能
  • 10W Qiワイヤレス充電ポートを搭載
  • BMSを含めて9つの安全管理システムも搭載されている
  • ACコンセントがしっかり100V
  • 機械が苦手な方にも優しい操作性とわかりやすい表示

10W Qiワイヤレス充電ポートを搭載

TogoPower ADVANCE1000ポータブル電源
画像はTogopower ADVANCE350のもの

10W Qiワイヤレス充電ポートを搭載しているポータブル電源はスマートタップやフィリップスなど数社しかありません。

ケーブルなしでスマホが充電できるのは便利ですね。

QC3.0が3口、ポータブル電源が1口、10W Qiワイヤレス充電ポートが1口で同時に5台のガジェットが充電できます。

BMSを含めて9つの安全管理システムも搭載されている

Togopower ADVANCE1000

これだけ大容量だと故障や爆発などが恐いですが、TogoPowerは安全性には自信を持っているそうです。

手のひらサイズのモバイルバッテリーでさえ発火すると大惨事になりますので、ポータブル電源は安全性をしっかりアピールしているメーカーを選んでくださいね。

Togopower ADVANCE1000

ACコンセントがしっかり100V

TogoPowerのポータブル電源はACがちゃんと家庭用コンセントと同じ100Vです。

意外と110Vのポータブル電源もあります。例えば、Ankerのポータブル電源は110V。

家電の故障につながるかもしれませんので気になる方は100Vのポータブル電源を選ぶようにしてください。

機械が苦手な方にも優しい操作性とわかりやすい表示

Togopower ADVANCE1000
画像はTogopower ADVANCE350のもの

これは管理人が一番好感を持っている特徴なのですが、とにかく使い方が簡単!

機械音痴の60代の母でも一回の説明で使い方をマスターできました。

使っている電力量やバッテリー残量の表示がわかりやすく老眼でもよく見えるとのこと。

性能も大事ですが、いざというときに直感的に使える手頃さも大事だと思っています。

Jackery ポータブル電源 1000・Smart Tap PowerArQ Proとの比較

ではベンチマークとなりそうな「Jackery ポータブル電源 1000」「Smart Tap PowerArQ Pro」と比較をしていきます。

どちらも良い製品ですので、用途に合ったアイテム選びの一助になればと思います。

ブランド価格容量出力サイズ(mm)AC数USB充電時間
Togopower122,500円933Wh1,000W290×201×200
8.55kg
2口QC3.0:3口
PD60W:1口
6.3時間
Jackery139,800円1,002Wh1,000W332×233×243
10.6kg
3口USB-A:1口
QC3.0:1口
Type-C18W:2口
7.5時間
SmartTap132,000円1,000Wh1,000W333×235×273
10.4kg
3口USB-A:1口
QC3.0:1口
Type-C18W:2口
7.5時間

見ていただくとわかるのですが「Jackery ポータブル電源 1000」と「SmartTap PowerArQ Pro」の中身は同じでしょうね。スマートタップがOEMかな。

では、Jackery1000とTogoPower ADVANCE1000を比較してみましょう。

容量・出力はほぼ同じ。

サイズはTogopowerが一回り小さく、軽い造りになっています。

ACコンセントの数はJackeryが一つ多いですね。

USBに関してはJackery製品全般に言えるのですが脆弱です。

逆にTogopowerは他社に比べて力を入れています。全てのUSB-Aポートが高速充電QC3.0となっています。

充電時間は若干Togopowerが早いです。実際に測ってみないと差があるかわからないくらいの違いだと思います。

LEDライトの有無も大きいですね。TogopowerのハンドルについているLEDライトは本当に便利です。

Togopower ADVANCE1000

DCだけでなくアンダーソンコネクタで充電できるのがJackeryの強み。

どちらもDCポートはDC7909サイズなので、接続できるソーラーパネルは一緒です。

まとめると、ガジェット中心ならTogopower、ブランド力やコンセントの数を優先するならJackery、SmartTap。

まとめ

日本での本格展開が始まったばかりのTogopower。

製品自体は本国アメリカでもお墨付きのもの。

この「Togopower ADVANCE1000」はJackery1000よりも手に入れやすい価格になっています。

ガジェットを高速充電したい、停電対策として備蓄したい、機械が苦手な方へのプレゼントなどに適したポータブル電源です。

created by Rinker
§Togo\POWER
¥122,500 (2022/05/21 22:37:35時点 Amazon調べ-詳細)

以上、Togopower ADVANCE1000 新発売!Jackery ポータブル電源 1000の対抗馬となるか?という話題でした♪


5月21日のセール情報

管理人
【本日終了!】Jackery公式サイトでおでかけ応援セールが始まりました(5/21 23:59まで)♪
また、スマートタップの新型車載冷蔵庫が先行予約30%オフになっています(5/27まで)

アマゾン

楽天市場

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA1000
注目の新製品: BLUETTI EB3A | EcoFlow RIVER mini | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

-ポータブル電源 ミニコラム
-, ,