ニュース

【最大50%オフ】EcoFlow公式サイトでブラックフライデーセール開催中♪DELTA 2やRIVER Pro、DELTA Maxがお買い得!

EcoFlowブラックフライデーセール2022

ポータブル電源 ミニコラム

Bluettiが世界初のナトリウムイオン電池使用のポータブル電源を発表!ナトリウムイオン電池とは?

Bluettiが世界初のナトリウムイオン電池使用のポータブル電源を発表!ナトリウムイオン電池とは?

日本でもお馴染みBluetti(Bluetti Power Inc)がナトリウムイオン電池を使用したポータブル電源「Bluetti NA300」を発表しました。

CES 2022 (2022年1月5日 ラスベガス)でお披露目。

NA300 & B480 World's First Sodium-ion Battery Power Station

一般的なポータブル電源にはリチウムイオン電池やリン酸鉄リチウムイオン電池が使われています。

今回の話題はナトリウムイオン電池。

ナトリウムは、リチウムに最も近い金属の1つです。

ナトリウムは通常はソーダ灰(炭酸ナトリウム)から得られる一般的な元素であり、地球の地殻にはリチウムの1000倍以上のナトリウムが含まれています。

したがって、ナトリウムイオン電池はリチウムイオンの最適な代替品と見なされています。

世界最大規模のリチウム電池のメーカー 寧徳時代新能源科技(CATL)も電気自動車(EV)の未来にナトリウムが重要な役割を果たすと発表しています(2021年7月29日)。

参照:The First-generation Sodium-ion Battery Launch Event

背景には材料供給の制限があります。

コバルトやニッケルほどではありませんが、リチウムの鉱床は採掘困難な場所に集中しています。

世界でも限られた採掘地域への環境破壊の懸念もあり、論争に巻き込まれるかたちで採掘が進まない地域も。

ナトリウムイオン電池のメリット

  • ナトリウムイオン電池のほうがリチウムイオン電池よりも材料が安く、寒冷地での性能が高い(-20°Cの低温環境で85%以上の容量保持率を持つ)
  • 基本構造が似ているため、リチウムイオン電池の製造装置の大部分をナトリウムイオン電池の生産に流用可能
  • 普及が進めばリン酸鉄リチウムイオン電池より製造コストが40%少なくて済む可能性がある

ナトリウムイオン電池のデメリット

  • エネルギー密度が(三元系など高性能の)リチウムイオン電池より低く、寿命も短い
  • ナトリウムイオンはリチウムイオンよりもやや重く大きい

Wood Mackenzie」にリチウムイオン電池やリン酸鉄との比較がありましたので転載いたします。

いまのところ充放電サイクルやエネルギー密度が低いと考えられているようですね。

Bluetti NA300およびB480について

Bluetti NA300がメインのポータブル電源でB480はバッテリーパックのよう。

Bluetti NA300の基本性能は、容量3,000Wh・ソーラーパネルでの入力が3,000W・トータルで6,000W入力・IoTアプリのリモートコントロール。

Bluetti B480は4,800WhのバッテリーでBluetti NA300に2台まで接続可能。

合計すると12,600Whになります。

販売はまだ先になりそうですがとても興味深いプロダクトです。

今回はナトリウムイオン電池の勉強も兼ねて記事を書いてみました。

もう少し勉強をして深い記事にしていきたいと思っています。

ともにCES2022で発表されたEB3Aも記事にしました。

Bluetti EB3A Jackery・EcoFlowのエントリークラスが霞んでしまうスペック

以上、Bluettiが世界初のナトリウムイオン電池使用のポータブル電源を発表!ナトリウムイオン電池とは?という話題でした♪


11月24日のセール情報

管理人
日本代表勝ちましたねー!エコフロー公式サイトのセール開催中です♪

ブランド公式サイト

EcoFlow ブラックフライデーセール2022が12/1まで開催されています

詳しくは「最大50%オフ EcoFlow ブラックフライデー お買い得製品をご紹介」でどうぞ!

アマゾン

楽天市場

27日までブラックフライデーセール開催中です

PayPay


注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA2
注目の新製品: BLUETTI EB3A | BALDR PIONEER1500 | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

みりまる

3.11のとき、福島と栃木の県境に住んでいて大きな被害を受けました。一番困ったのは停電で携帯が充電できなかったこと。ツイッターが使えれば、助けを求めたり情報を得ることができます。真っ暗なのも怖かったけど、孤立感が最も恐怖でした。そのことからポータブル電源の重要さを伝えていくことに。ポータブル電源選びの参考になるサイトを作っていきますのでよろしくお願い致します。 → 運営者情報

-ポータブル電源 ミニコラム
-