寒い季節のスマホバッテリー対策:リン酸鉄モバイルバッテリーの優位性

本記事にはアフィリエイト広告が含まれてます。コンテンツは、全て中立性を保っており、メーカー・広告による影響は受けていません。詳しくは、コンテンツポリシーをご覧ください。

雪山での出来事。山頂の気温は氷点下に達し、突然スマートフォンのバッテリーが急速に減少し、一時的に操作不能になってしまいました。

「写真を撮りたかったんだけどなぁ〜」

冬のアウトドアで、写真を撮ろうとした瞬間、スマートフォンのバッテリーが突然切れてしまった経験はありませんか?また、アウトドアだけでなく、日々の生活の中で、寒さによるバッテリーの急激な減少に遭遇していませんか?

寒冷地でのスマートフォンやカメラは、バッテリーの急激な減少や操作不能といった問題を引き起こすことがあります。

なぜなら、スマホやカメラに使われているリチウムイオンバッテリーが、低温に弱い性質を持つためです。

本記事では、寒冷地でのバッテリー放電問題を詳細に掘り下げ、実用的な対策を提案します。

【結論】:低温に強い「リン酸鉄リチウムイオン電池を使ったモバイルバッテリー」を携帯することで「バッテリーがすぐになくなっちゃう」問題を解決します。

質問や疑問、ご意見は、お気軽にコメント欄からお知らせください♪

なぜ寒いとバッテリーが早く減るのか?

寒い季節のスマホのバッテリー対策:リン酸鉄のモバイルバッテリー Jackery Explorer 100 Plus

寒い環境でスマートフォンやカメラ、GoPro、ドローン、無線機などのガジェットを使用すると、バッテリーが異常に早く減少することに気づくかもしれません。

実際には放電しているわけではなく、低温下ではバッテリー内の化学反応が起きにくくなり、取り出せる電力が減っています。

では、なぜこのような現象が起こるのでしょうか?

化学反応の低下:バッテリー、特にリチウムイオンバッテリーは、内部での化学反応により電力を生み出しています。

しかし、寒い環境では、これらの反応が遅くなり、バッテリーの能力が大幅に低下します。具体的には、寒さがイオンの移動を妨げ、バッテリー内部の電流の流れを制限します。

充電能力の減少:低温下では、バッテリーの充電受け入れ能力も低下します。これは、寒さによってバッテリー内部のイオンがうまく動かなくなり、充電過程が非効率になるためです。その結果、通常よりもバッテリーが早く空になります。

寒冷地でのバッテリー放電問題 2つの対策

寒冷地でのスマートフォンや他のガジェットの使用においては、バッテリーの温度管理が鍵となります。

以下に、バッテリーを暖かく保つためのいくつかの実用的な方法を紹介します。

1.体温を利用してバッテリーを暖かく保つ

スマホを寒さから守る

体温は、バッテリーを暖かく保つための最も簡単な方法の一つです。

スマートフォンやモバイルバッテリーを体に近い場所、内ポケットや中間着の胸ポケットに入れておくことで、バッテリーが寒さによる影響を受けにくくなります

活動中は体温が上がるため、特に効果的です。

2.保温ケースやポケットウォーマーの使用

寒さに強いスマホケース

市販されている保温ケースやポケットウォーマーも、バッテリーを保温するのに役立ちます。

バッテリーを直接あたためることで、低温がバッテリーの性能に与える影響を軽減します。

ただし、ホッカイロなどであたためるのは危険なので避けましょう。スマートフォン内部で結露して故障の原因になります。

寒い場所では予備で持っていったモバイルバッテリーも早く放電しやすい

モバイルバッテリー

冬のアウトドア活動や寒冷地での撮影では、モバイルバッテリーを予備の電源として持ち歩くことが一般的です。

しかし、寒い場所ではモバイルバッテリー自体も予期せず早く放電することがあります。なぜなら、一般的に販売されているモバイルバッテリーは、スマートフォンと同じリチウムイオンバッテリーだからです。

モバイルバッテリー、特にリチウムイオンバッテリーは、約0℃から45℃の範囲内で最も効率的に機能します。

しかし、寒い環境では0℃を下回ることがあり、バッテリーが正常に働かなくなるのです。

スマホのバッテリーがすぐに減ってしまうので対策として、モバイルバッテリーを携帯しても根本的な対策にはならないということですね。

バッテリーの種類別:寒冷地での性能を比較しましょう

リチウムイオンバッテリーが寒さに弱いことはわかりました。リチウムイオンより寒さに強い「リン酸鉄リチウムイオンバッテリー(LiFePO4)」をご紹介します。

まずは、低温化での性能を比較してみましょう!

特性リン酸鉄リチウムイオン従来のリチウムイオン
動作温度範囲約 -10℃ から 60℃約 0℃ から 45℃
低温下での充電性能良好 (性能低下が少ない)顕著な性能低下
低温下での放電性能比較的安定性能低下
安全性熱的に安定、発火・爆発のリスクが低い熱的に不安定、リスクが高い
重量・体積 (同容量比)重く、大きい軽く、コンパクト
リン酸鉄とリチウムの温度耐性

リン酸鉄は、動作範囲がマイナス10℃となっており、比較的低温に強くなっています。また、発火や爆発などの危険性がリチウムイオンより大幅に低くなっています。

そのかわり、エネルギー密度が低いので、リチウムイオンより大きくて重くなってしまうデメリットがあります。

寒冷地での使用に最適なバッテリータイプは?リン酸鉄がより良い!

寒い季節のスマホのバッテリー対策:リン酸鉄のモバイルバッテリー Jackery Explorer 100 Plus
左:リチウムイオン/右リン酸鉄

寒冷地でのバッテリー使用においては、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーと従来のリチウムイオンバッテリーの両方が低温による性能低下の影響を受けます。

しかし、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは相対的に低温でも安定した性能を維持し、長寿命と高い安全性を提供することが特徴です。

一方、従来のリチウムイオンバッテリーは寒さにより性能が大幅に低下する傾向があります。

しかし、市場にはリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載したモバイルバッテリーが多くはありません

その主な理由は、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーがリチウムイオンバッテリーに比べてエネルギー密度が低いためです。

同じ容量のバッテリーを作ると、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの方が重く、大きくなる傾向があります。その結果、特に携帯性を重視するモバイル用途には向いていません。

試しにAmazonで「モバイルバッテリー リン酸鉄」と検索すると、エレコム製品数点、「NECESPOW N90」などしか出てきません。

別媒体(note)にリン酸鉄リチウムイオン電池を使用したモバイルバッテリー製品の一覧を作成しています。興味のある方はご覧になってください。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーのモバイルバッテリー 商品一覧 (外部サイトに移動します)

安全性におけるリン酸鉄リチウムイオンバッテリーの優位性

画像内、LFPがリン酸鉄リチウムイオン電池、NMCがリチウムイオン電池です。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの優位性
画像参照:Will sodium-ion battery cells be a game-changer for electric vehicle and energy storage markets?1

バッテリーを選択する際、安全性も重要な要素の一つです。よく「モバイルバッテリーが発火」といった感じのニュースを目にしませんか?

参考記事:Ankerのモバイルバッテリーが炎上、爆発したとの報告にネット騒然 Ankerが回収し調査

基本的に、こういった発火事故を起こしているモバイルバッテリーは、リチウムイオンバッテリーやリチウムポリマー電池です。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは、熱安定性が高く、従来のリチウムイオンバッテリーよりも安全な選択肢になります。

  • 高い熱安定性: リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは、高温環境や過充電の状況下でも安定しており、発火や爆発のリスクが非常に低いです。
  • 過充電時の安全性: 過充電時においても、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは熱暴走を起こしにくく、より安全な使用が可能です。
  • 構造的な安全性: 内部構造が安定しており、物理的なダメージに対しても従来のリチウムイオンバッテリーよりも耐性があります。

安全性の面でも、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーはメリットがあることがわかります。

特にアウトドア活動や厳しい環境下での使用では、従来のリチウムイオンバッテリーより相対的に優れているでしょう。

さらに、リン酸鉄リチウムイオン電池について知りたい方は「信頼のブランド×安全性!リン酸鉄リチウムイオンバッテリーについて」をご覧ください。

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーのモバイルバッテリーを紹介: Jackery Explorer 100Plus

寒い季節のスマホのバッテリー対策:リン酸鉄のモバイルバッテリー Jackery Explorer 100 Plus
サイズ:12.6 x 8.65 x 8.7 cm(965 g)

アウトドアや冬山登山でのスマートフォンの使用においては、信頼性の高いバッテリーが必須です。

案の一つとして、リン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載したモバイルバッテリー「Jackery Explorer 100 Plus」を紹介します。

数少ないリン酸鉄のモバイルバッテリーで最も性能に優れています。そのかわり、大きくて重いというデメリットもあります。

Jackery Explorer 100 Plus(ジャクリ エクスプローラー100プラス)の解説

主な特徴を見てみましょう。

  • 軽量性と携帯性:このモバイルバッテリーはわずか1kgと非常に軽量で、容易に持ち運びが可能
  • リン酸鉄リチウムイオンバッテリー搭載:寒冷地での使用に最適な、寒さに強いバッテリータイプを採用
  • 信頼性の高い電源:冬山登山やアウトドア活動中のスマートフォンやカメラの電源として信頼できる選択肢
  • 飛行機への持ち込み可能:容量が99Whのため
Jackery Explorer 100 Plus スペック表
Jackery Explorer 100 Plus スペック表

容量が99Wh(31000mAh)あるので、スマホのバックアップとしては十分です。

どのくらいガジェットに充電できるかを表にしてみました。

例えば、iPhone 15ですとバッテリー容量が3,877mAhなので約7回充電できます。

ガジェット種別消費電力利用時間/回数
スマホ18W約8回
ワイヤレスイヤホン2W約99回
ゲーム機12W約7時間
スマートウォッチ5W約99時間
タブレット30W約2.5回
パソコン90W約1.8回
使用できる電気製品の例

さらに詳しく「Jackery Explorer 100 Plus」を知りたくなった方は、ぜひ実機レビューをご覧ください!

Jackery Explorer 100 Plus実機レビュー 希少なリン酸鉄のモバイルバッテリー

モバイルバッテリーとしてのデメリット:大きくて重い

寒い季節のスマホのバッテリー対策:リン酸鉄のモバイルバッテリー Jackery Explorer 100 Plus
バッテリーと水:両方とも重さ965gです

この製品は、モバイルバッテリーですが、965gとかなり重いです。ファストハイク、ウルトラライト志向の方からすると、とんでもない重量でしょう。

私も大学時代はワンダーフォーゲル部でしたので、パッキングの重量問題に関しては理解しているつもりです。

水の1kgなら飲めば無くなりますが、モバイルバッテリーは空になっても重いまま。この重さをどう捉えるかによって、「Jackery Explorer 100 Plus」の価値が変わってきます。

スマートフォンのバッテリー放電を気にせずに軽くするか、少し重くても大切な瞬間や思い出を画像や動画として残すか、というトレードオフの選択になります。

大きくて、かさばり、重いという欠点はありますが、寒いときのバックアップとしては高性能という悩ましい製品だと思いました。

まとめ:大容量のリン酸鉄モバイルバッテリーとしてJackery Explorer 100 Plusは唯一無二

寒い季節のスマホのバッテリー対策:リン酸鉄のモバイルバッテリー Jackery Explorer 100 Plus

本記事では、寒い季節のスマホバッテリー問題に対する具体的な解決策として、特にリン酸鉄リチウムイオンバッテリーの有益さを強調しました。

ここまでの内容をコンパクトにまとめてみましょう。

  • 寒冷地でのバッテリー問題の概要:寒い季節はスマートフォンなどのバッテリーにとって厳しい環境です。低温はバッテリーの充電能力と放電効率を低下させます。
  • 効果的な対策:寒冷地でのバッテリー問題に対処するためには、デバイスを保温する、予備のバッテリーを携帯することが重要です。
  • リン酸鉄リチウムイオンバッテリーの利点:リン酸鉄リチウムイオンバッテリーは、寒い場所でも安定した性能を発揮します。
  • 市場の現状:ただし、市場にはリン酸鉄リチウムイオンバッテリーを搭載したモバイルバッテリーが限られています。
寒い季節のスマホバッテリー対策:リン酸鉄モバイルバッテリーの優位性

数少ないリン酸鉄のモバイルバッテリー「Jackery Explorer 100 Plus」は、寒冷地での使用に特に適しており、冬のアウトドア活動を支える優れた選択肢です。

特に、リン酸鉄リチウムイオン電池のモバイルバッテリーで大容量の製品は他にはないため、唯一無二の存在といってもいいでしょう。

また、より良いリン酸鉄のモバイルバッテリーが発売されたら、ご紹介していきます。Jackery製品くらい信頼感のあるブランドが薄型モデルを発売してくれると嬉しいですね。一番候補はアンカーかな。

手元にJackery Explorer 100 Plusがありますので、疑問や質問がありましたら、お気軽にコメント欄でお声がけください!

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥15,900 (2024/02/22 00:01:20時点 Amazon調べ-詳細)

Jackery製品セール情報まとめ

不定期開催
アマゾンセール情報

  • 【25%ポイント還元】Jackery ポータブル電源 300 Plus単品
  • 【25%ポイント還元】Jackery 300 Plus 40W Mini ソーラーパネルセット
  • 【30%オフ】Jackery 1000 Plus 100W ソーラーパネルセット
  • 【35%オフ】Jackery 1000 Plus ポータブル電源+拡張バッテリー

アマゾンセールページはこちらから

2024/02/23(金)01:59まで
楽天市場セール情報

セールアイテムの一例

  • 【25%オフ】Jackery ポータブル電源 300 Plus単品
  • 【25%オフ】Jackery 300 Plus 40W Mini ソーラーパネルセット
  • 【30%オフ】Jackery 300 Plus 100W ソーラーパネルセット
  • 【30%オフ】Jackery ポータブル電源 1000 Plus単品
  • 【35%オフ】Jackery 1000 Plus 100W ソーラーパネルセット

楽天市場セールページはこちらから

2024/02/22〜23
ヤフーショッピングセール情報

  • 【20%オフ】Jackery ポータブル電源 300 Plus単品
  • 【25%オフ】Jackery 300 Plus 40W Mini ソーラーパネルセット
  • 【30%オフ】Jackery 300 Plus 100W ソーラーパネルセット
  • 【25%オフ】Jackery ポータブル電源 1000 Plus単品
  • 【30%オフ】Jackery 1000 Plus 100W ソーラーパネルセット
  • 【30%オフ】Jackery 2000Plus 200W ソーラーパネルセット

ヤフーショッピングセールページはこちらから

脚注

  1. Will sodium-ion battery cells be a game-changer for electric vehicle and energy storage markets? ↩︎