実機レビュー

EcoFlow RIVER mini 2022年にはポータブル電源の売れ筋になりそう!

EcoFlow RIVER mini コンパクトなポータブル電源の売れ筋になりそう!

EcoFlow社より新製品 「RIVER mini ワイヤレス」が発売されました(2021年10月8日)。

2020年に一般発売された「RIVERシリーズ」のラインアップに追加される最もコンパクトなモデルになります。

2021年7月にはクラウドファンディングでDELTA Proが、8月にはDELTA mini、9月にはDELTA Maxが一般発売され、新製品ラッシュのEcoFlow社。

どの製品も他メーカーの模倣ではなく、オリジナリティがあり、市場の隙間を埋めていくようなもので、その創造性と新製品を生み出すパワーは目を見張るものがありますね!

「RIVER mini」と名称はRIVERシリーズなのですが仕様は異なっています。

200Whクラス、初めてポータブル電源を購入する方が選ぶことの多いこのセグメントでは明らかにずば抜けた性能を持っています。

ガジェットメインで、たまにコーヒーメーカーなどの500Wくらい使用する家電を使うかも、といった用途に合ったモデル。

管理人
この「RIVER mini」は重量約2.8kgというコンパクトボディでACコンセント出力は最大600W。さらにワイヤレス充電15W、USB-C 100Wもあり!

RIVER miniには「ワイヤレス充電ありタイプ」と「ワイヤレス充電なしタイプ(通常タイプ)」があります。

RIVER mini(ワイヤレス充電なしタイプ) EcoFlow公式サイト

この記事ではワイヤレス充電ありタイプRIVER miniのレビューを行います。

この記事は、「EcoFlow社よりEcoFlow RIVER mini貸与の上でのレビュー」です。

「金銭授与なし、製品授与なし、忖度なしで書かせてもらう」という条件で受けています。

RIVER miniの特徴既存のRIVERシリーズとの違いライバル製品との比較(Jackery・Anker)RIVER miniの写真レビューといった内容になっています。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥19,900 (2022/05/21 12:22:08時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

EcoFlow RIVER miniの特徴を簡単にまとめました

まず、EcoFlow社が作成した動画をご紹介します。

ライトな感じで使えるよ!みたいなコンセプトなのかな。今までポータブル電源に縁がなかった方にもリーチしそうな感じですね。

EcoFlow RIVER mini——手元に小さな安心を
  • ワイヤレス充電15W・PD100W搭載
  • 定格300W、X-Boost機能により最大600WまでACコンセントが使える
  • 1.5時間で0%から100%まで最速フル充電(X-Stream技術)
  • 充電ケーブルにアダプターがない(発熱が起きない)
  • 手軽に持ち運びできるような形状

2022年に組み合わせバッチリなソーラーパネル「EcoFlow 60W ソーラーパネル」が発売されました。

コンパクトなポータブル電源とソーラーパネルで停電時もスマホが使い続けることができます。

詳しくは「EcoFlow 60W ソーラーパネルの使い方 実機レビュー RIVERシリーズにぴったり」という記事でどうぞ!

created by Rinker
¥19,800 (2022/05/21 19:38:58時点 楽天市場調べ-詳細)

既存のRIVERシリーズとの違いは?

RIVER miniを既存のRIVERシリーズと並べてみます。

RIVERシリーズの中でもちょっと毛色が異なるのがRIVER mini。

既存のRIVERシリーズとの主な違いは3つ

  • AC出力が300Wと控えめ
  • 軽いので普段の持ち運びに適している
  • ワイヤレス充電あり
管理人
普段使いのガジェットとして適しているのがRIVER miniですね
アイテム名 価格(円) 容量(Wh) AC出力 重さ(約kg) 主要出力ポート
RIVER mini 38,500 210 300W
一部600Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
2.8 AC出力コンセント(2口)
15Wワイヤレス充電
USB-C 100W出力ポート(1口)
USB出力ポート(3口)
RIVER 39,600 288 600W
1,200W(X-Boost機能)
5.0 AC出力コンセント(3口)
USB-C 100W(1口)
USB-A(2口)
QC3.0(1口)
RIVER  Plus 49,500 360 600W
一部1,200Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
5.4 AC出力コンセント(3口)
USB-C 100W(1口)
USB-A(2口)
QC3.0(1口)
RIVER Max 63,800 576 600W
一部1,200W(までの機器に対応可能X-Boost機能)
7.6 AC出力コンセント(3口)
USB-C 100W(1口)
USB-A(2口)
QC3.0(1口)
RIVER Max Plus 78,650 720 600W
一部1,200Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
8.0 AC出力コンセント(3口)
USB-C 100W(1口)
USB-A(2口)
QC3.0(1口)
RIVER Pro 79,800 720 600W
一部1,200Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
7.2 AC出力コンセント(3口)
USB-C 100W(1口)
USB-A(2口)
QC3.0(1口)

製品名だけではわかりにくいので簡単に解説いたします。

無印の「RIVER」は入門モデル。この価格帯で高出力家電が使える小さいけれどハイパワーのポータブル電源です。

エクストラバッテリーを接続することで「RIVER Max」になります。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥39,600 (2022/05/21 13:09:15時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

「RIVER Max」はスタンダードな誰にでもおすすめできるモデルです。

カラフルなモードライトLEDがあるのでキャンプ場などでおしゃれなポータブル電源。

必要がないときはエクストラバッテリーを外して簡単に「RIVER」に変換できます。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥63,800 (2022/05/21 21:58:07時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

「RIVER Pro」はRIVERシリーズの最上位モデルです。管理人も使っています。

RIVERシリーズで最も容量が大きい上に、エクストラバッテリーを接続することで容量2倍の1,440Whになります。

ただ容量が大きいだけではなく、拡張性がある点が特徴的なモデルです。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥79,800 (2022/05/21 03:42:25時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪
created by Rinker
EF ECOFLOW
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

RIVERの後ろにPlusの文字がついているものは後発モデルで、カラーリングがホワイトとなっています。

ダイニングやキャンプ場で目立ちそうな綺麗なカラー。ガジェットというよりおしゃれ家電に見えますね。

「RIVER  Plus」は容量的に「RIVER」と「RIVER Max」の中間に位置します。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥49,500 (2022/05/21 18:45:39時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪
created by Rinker
EF ECOFLOW
¥29,700 (2022/05/21 18:45:40時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

エクストラバッテリーを接続することにより「RIVER Max Plus」になります。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥78,650 (2022/05/21 18:45:40時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

さらに詳しい解説は「EcoFlow RIVERシリーズどれを選べばいいのかな? | 他ブランドとの比較・使える家電の紹介」という記事で行っていますので参考にしてください♪

ライバル製品との比較

EcoFlow RIVER miniの位置付けを考えるために他社製品と比較をしてみたいと思います。

選んだのは以下の2モデルです。

  • Jackery ポータブル電源 240
  • Anker PowerHouse II 400

「Jackery ポータブル電源 240」を選んだ理由は、容量が近いこととコンパクトなポータブル電源で最も売れているのでベンチマークにちょうどいいことです。

「Anker PowerHouse II 400」は価格帯と出力、ユーザーが求めている用途(ガジェット中心の運用)が近いことです。

EcoFlow RIVER miniは容量と出力のバランスが今までにないタイプなのでジャストな比較対象がありません。

ガジェット中心なんだけどたまに家電も使いたいなぁ、といったありがちなニーズを拾っていますね。

ブランド 価格 容量 出力 サイズ(横×高さ×奥行き)mm 充電時間 USB出力
EcoFlow 38,500円 210Wh 300W
一部600Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
249×133×140
約2.85kg
約1.5時間 USB-A 3口
PD100W 1口
ワイヤレス15W 1口
Jackery 19,800円 240Wh 200W 230×167×133
3.08kg
約6.5時間 USB-A 2口
Anker 39,800円 389Wh 300W 255×139×148
4.62kg
約4時間 USB-A 3口
PD60W 1口

EcoFlow RIVER miniは実売2万円前後になってますので、実際は比較表よりもさらに優位になっています。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥19,900 (2022/05/21 12:22:08時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

Jackery ポータブル電源 240との比較

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥19,800 (2022/05/21 18:53:04時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

Jackery ポータブル電源 240と比べてみると、容量以外は価格・性能ともに差があります。

価格は約2倍ほどRIVER miniが高いです。

出力はJackery200W、RIVER miniは最大600Wなので使える家電の幅が異なってきます。

ガジェットなどを充電するポートはRIVER miniの方が格段に優れていますね。

Jackeryはどのモデルもこの部分がとても貧弱です。実際、使っていると不便なことが多いでしょうね。

充電時間も容量は同じですがJackeryの方が4倍以上時間がかかります。

240Wh充電するのに6.5時間かかっていては、使っている時間より充電している時間の方が長くなりそうですね。

同じ容量クラスでの比較ですが、価格以外はRIVER miniの圧勝だと思います。

とにかくお金をかけずにUSB-Aで充電できればいい、とお考えの方はJackeryを。

どうせなら使い勝手の良いモデルが欲しい方はRIVER miniをおすすめします。

Anker PowerHouse II 400との比較

Anker PowerHouse II 400と比べてみると価格は同等。

ガジェット中心の運用になるという基本設計は同じなのですが性能はだいぶ異なっています。

容量はAnkerの方が倍まではいきませんが大きいですね。その分重量もAnkerの方が重くなっています。

出力は基本300Wなので同じなのですが、RIVER miniはX-Boost機能で一部600Wまでの家電を使うことができます。

USB出力系統はRIVER miniの方が強力です。

PD出力が100WのRIVER mini、PD60W入出力が可能なAnker。PDで充電できるのはAnkerの大きなメリットです。

一番大きな差は充電時間です!

容量差で考えるとAnkerが4時間かかるならRIVER miniは2時間くらい必要なはずですが、なんと1.5時間でフル充電。

「X-Stream急速充電テクノロジー」により業界トップクラスのスピードを誇ります。

RIVER miniの充電ケーブルにはアダプターがないので発熱もありません(安心!)。

これだけ充電スピードが早いと容量の少なさはデメリットではなくメリットに変換されています。

ポータブル電源を使ったら、サッサっと充電して、また使うというフットワークの軽さがRIVER miniの強み。

そのかわり、AnkerにもRIVER miniにはない大きなメリットがあります。

それは2種のLEDライト。

緊急用のSOSライトにもなる懐中電灯型と明るく部屋を照らすムードライト。

Anker PowerHouse II 400ブログレビュー

必要な用途を考えてより良い方を選んでくださいね!

RIVER miniの写真レビュー

ある程度、製品情報を得た方がこのサイトに来ることが多いので写真レビューは最後に回しました。

この項では外観や付属品、使える家電などを写真を交えてご紹介していきます。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー
ボディは光沢のあるブラック。少し汚れがつきやすいかな。普段使用するポートは前面に集まっています。

少しでも表面に指紋がつくのが嫌な方は「RIVER mini ワイヤレス充電なしタイプ(通常タイプ)」をおすすめします。

ワイヤレス充電はありませんがつや消しブラックになっています。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー
向かって左側にACコンセントと電力インプットポートがあります。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー

上部がソーラーパネルと接続するためのXT60ポート。下部が電源ケーブル用のポート。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー

裏面は持ち運びがしやすいように持ち手になっています。折り畳み方の持ち手よりは軽量化になっているでしょうね。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー
実際に持ってみるとこんな感じ。力がなくても持ちやすいです。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー
小さいポータブル電源ですがしっかりシガーソケットポートがあります。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー

画像のカーチャージャーは「AUKEY カーチャージャー Enduro Duo PD対応 30W(980円)

普段使わないシガーソケットポートにカーチャージャーを差し込めば、USBポートを拡張可能。

RIVER miniで炊飯器を使う
画像の炊飯器は「直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001

シガーソケットで電力を取るタイプの炊飯器ならお米も炊くことができます!

炊飯器だけでなく車載冷蔵庫も使えます。

実証記事は「EcoFlow RIVER miniで車載冷蔵庫を使ってみよう!」でどうぞ。

EcoFlow RIVER miniの写真レビュー
底面は滑り止めが四角に設置されています。不意にぶつかってもひっくり返ったりしにくいですね。

まとめ:ハンドヘルドで日常生活に大きな利便性をもたらす好モデル

EcoFlow RIVER mini 2022年にはポータブル電源の売れ筋になりそう!

今回ご紹介した「RIVER mini ワイヤレス」。

特にポータブル電源に興味がない方にもリーチしそうな今までにないスタンスの製品。

ポータブル電源の普及につながりそうなプロダクトで、EcoFlow社が一般ユーザーにも広がりそうですね。

カバンに入るサイズである程度の家電も使えますし、ガジェット類の充電対応は万全。

機械に疎い方にもおすすめできるお手軽ポータブル電源です。

容量の割は価格が高いのですが、「ワイヤレス充電やPD100W、X-Boost機能で一部600Wまでの家電が使える」といった付加価値部分を評価される方には正当な価格と感じられるのではないでしょうか。

管理人
日々の充電環境にお悩みの方にはJackeryやAnker製品よりもおすすめできるポータブル電源です♪

ハンドヘルドで日常生活に大きな利便性をもたらす好モデル。

女性でも持ち歩きたくなるようなポップなカラーが出ると爆発的に売れそう。

この小さなポータブル電源があなたの生活の質を一段階高めてくれますよ!

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥19,900 (2022/05/21 12:22:08時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

以上、EcoFlow RIVER mini 2022年にはポータブル電源の売れ筋になりそう!という話題でした♪


5月21日のセール情報

管理人
【本日終了!】Jackery公式サイトでおでかけ応援セールが始まりました(5/21 23:59まで)♪
また、スマートタップの新型車載冷蔵庫が先行予約30%オフになっています(5/27まで)

アマゾン

楽天市場

PayPay

注目キーワード♪

ポータブル電源で使える家電: ドライヤー | 電気ケトル
おすすめポータブル電源1選!: EcoFlow DELTA1000
注目の新製品: BLUETTI EB3A | EcoFlow RIVER mini | ZENDURE SuperBase Pro

必見♪

-実機レビュー
-, ,