管理人
Jackery公式ショップEcoFlow(エコフロー)公式ショップ
で最大30%オフのブラックフライデーセール開催中!

実機レビュー

EcoFlow DELTA mini 実機レビュー | 女性が片手で持てるコンパクトさで家電が使える!

EcoFlow DELTA mini 実機レビュー | 女性が片手で持てるコンパクトさで家電が使える!

EcoFlow社より新製品 「DELTA mini(EcoFlow公式サイト)」が発売されます。

名称の通り、2020年に一般発売された「EFDELTA」の進化コンパクト版といえそうです。

出力が大きくなると相関的に容量も大きくなっていくのが今までのポータブル電源でした。

管理人
この「DELTA mini」は容量882Whとコンパクトですが、ACコンセント出力はしっかり家電が使える1,400W

家電が使える高規格ポータブル電源を手に入れやすい価格で販売できるのは技術力の優れているEcoFlow社だけでしょう。

この記事は、「EcoFlow社よりEcoFlow DELTA mini貸与の上でのレビュー」です。

「金銭授与なし、製品授与なし、忖度なしで書かせてもらう」という条件で受けています。

EFDELTA、DELTA Pro、RIVERシリーズなど個性的な製品を生み出してきたEcoFlow社の新作「DELTA mini」もとてもユニークな製品になっています。

  • 家電が使えるポータブル電源としては軽い!
  • 1,000Wh以下で家電をちゃんと使うには唯一の選択肢
  • ACコンセントが1,400W(ほとんどの家電が使える)
  • 急速充電(X-Stream)により1時間で80%まで、約1.6時間でフル充電
  • 女性でも持ちやすい形状、キッチンにあっても違和感のないシンプルデザイン

1,000Wh以下でほとんどの家電を動かすパワーがあるポータブル電源は今までありませんでした。

新しい領域の製品なのでライバル他社に比較製品がありませんが、近しい製品と比較して「DELTA mini」のメリット・デメリットを浮き彫りにしたいと思っています。

また、「DELTA mini」の特徴「DELTA mini」の写真レビュー「DELTA mini」で使える家電の実機レビューといったことも記述しています。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥115,500 (2021/11/26 20:31:05時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

目次をクリックすると各項目に移動できます

EcoFlow DELTA miniの特徴

まずはDELTA miniの特徴から見ていきます。

ハイパワーの割には軽い、PD出力が100Wあり、満充電まで約1.6時間!

女性のソロキャンパーやバンライフも一般的になってきてますので、時流にもマッチした機能を盛り込んだモデルですね。

家電が使えるポータブル電源としては軽い!

本体重量は約11kg。これだけを見るととても重く感じますね。

しかし、電子レンジやドライヤー、電気ケトルがコンセントと同じように使えるポータブル電源としては最も軽いといっても良いのです。

友人にDELTA miniを持ってもらいました(女性 160cm 平均的な体型)。

両手なら軽々、片手でも長距離でなければ運べるとのこと。

EcoFlow DELTA miniは軽い

女性でも持ちやすい形状の持ち手なので軽く感じます

EcoFlow DELTA miniは軽い

特に力持ちというわけではありませんが、片手でも持ち運ぶことができます

軽いといっても比較してみないとわかりませんよね。後ほど、他ブランドのポータブル電源との比較をするのでここでは軽く触れます。

他社で電子レンジなどの高出力家電が使用できるモデルを3つほど選んでみました。

Jackery ポータブル電源 1500が16kg、ALLPOWERS Monster Xが14.5kg、BLUETTI ポータブル電源 AC200が27.5kg。

DELTA miniは約11kg。だいぶ軽いですね。

家から車に積み込み、キャンプ場で車からおろしてセッティング。キャンプが終わったら車に詰め込み、家に着いたら車から家に運び込む。

文面にすると大したことなさそうですが、実際にやってみるととても面倒。

管理人
機能面で差がないなら軽い方がいい!

USB Type-Cポートが最大100W

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー

他のポータブル電源にあまりないスペックとして、USB-Cの出力が「PD最大100W」に対応している点があります。

上記写真の①の部分です。

ポータブル電源にPD出力があったとしても60W・80Wであることが多いですね。

PD100Wというと、Macbook Pro 16インチも最大パワーで充電することができるスペック。

標準的なUSB-Aは5W(5V=1A)出力。PD100WはUSB-Aの約20倍の給電能力を持ちます。

給電能力が大きいということは、その分ガジェット類への充電時間が短くなります。

DELTA miniの他、同じEcoFlow社のRIVERシリーズAUKEY PowerStudio(レビュー)MILIN ポータブル電源 MLPS001(レビュー)がPD100W対応です。

充電スピードの検証

EcoFlow DELTA miniの充電スピード
DELTA miniを充電する方法は3つです。

  • コンセント(AC)
  • ソーラーパネル充電
  • シガー充電(車での走行充電)

DELTA miniの大きなメリットである充電スピード。

ACコンセントからの「X-Stream AC急速充電」により1時間で80%まで、約1.6時間でフル充電完了。

容量882Whが1時間ちょっとでフル充電になってしまいます。

急いでいる時や台風などで停電しそうな時にとても役に立つ機能です。

EcoFlow DELTA miniの充電スピード

AC充電ケーブルの長さは約150cm

EcoFlow DELTA miniの充電スピード
急速充電の最大入力電力は900Wです。

我が家の場合は800Wで充電されていました。

EcoFlowアプリでカスタム充電の設定ができ、充電入力電力の大きさ(200-900W)を制御できます。

ソーラーパネル充電・シガー充電(車での走行充電)については別記事で記述します。

DELTA mini外観と付属品・説明書

この項は「外観と機能説明」「付属品の説明」です。

外観よりも実際に使っている様子を見たい方は「DELTA miniで使える家電の実演レビュー(クリックすると移動します)」まで飛ばしてください。

DELTA miniの写真レビュー

写真を使いまして、外観と機能説明を行います。

パーツの素材は安っぽさがなく、全体がかっちりしていて所有欲が満たされる作りになっています。

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
サイズは378×184x240mm 約11kg

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
液晶ディスプレイ

充電/放電残り時間、バッテリー残量パーセント、現在の入出力値、警告などがはっきりとわかるようになっています

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
前面の入出力パネルです。

  1. USB-C出力ポート(PD100W)
  2. USB-A出力ポート(各ポート最大12W)
  3. USB-A急速充電出力ポート(ポート最大18W)
  4. IoTボタン(EcoFlowアプリと連携するときに使います)
  5. 電源ボタン

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー

背面の入出力。上下に分けて説明します。

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
背面上部。この部分は蓋がついており保護されています。

左からXT60ポート(ソーラーチャージャー/ シガーソケットDC充電ポート)、X-Stream充電/カスタム充電切換えボタン、AC充電ポート、充電過負荷保護ユニット

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
背面下部。

AC出力ポート(100V)が5つ、DC5521出力ポートが2つ、シガーソケット出力ポート。

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
正面から見て右側面。小さなロゴと通気/放熱口。

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
正面から見て左側面。大きなロゴと通気/放熱口。

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
通気/放熱口は全部で4ヶ所あります。

電子レンジやドライヤーなどの高出力家電を使うと稼働します。

騒音は若干あり。本体に熱が籠ると事故の元なので排熱時に音がしてしまうのは仕方ないですね。何事もトレードオフ。

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
底面は製品表記(正式発売時は表記内容が変わっている可能性あり)としっかりした滑り止め。走行時も滑ることなく安定していました。

EcoFlow DELTA mini

EcoFlow DELTA miniの写真レビュー
天板と持ち手。

付属品・説明書

同梱品の紹介です。

内容物は、AC充電ケーブル、シガー/アクセサリー ソケット充電ケーブル、ソーラーチャージャー 充電ケーブル、DC5521 to DC5525接続ケーブル、ユーザーマニュアル&保証書。

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

シガー/アクセサリーソケット充電ケーブル

シガーソケット部分を車に、XT60部分をDELTA miniに繋ぎ、走行充電することができます。

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

DC5521 to DC5525接続ケーブル

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

AC充電ケーブル

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

ソーラーチャージャー 充電ケーブル

MC4部分をソーラーパネルに、XT60部分をDELTA miniに繋ぎ、ソーラーパネル充電ができます。

MC4なので汎用性は高いですね。

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

XT60

EcoFlow DELTA mini外観と付属品・説明書

MC4

DELTA miniで使える家電(実演レビュー)

EcoFlow DELTA miniは、「90%の電化製品に対応する強力な1400W AC出力」を標榜しています。

そこで、キャンプや車中泊、災害時に使えるとうれしい家電を実際に動かしてみます。

電気ケトル・電子レンジドライヤーといった高出力家電、炊飯器・車載冷凍冷蔵庫などの車中泊グッズで実証実験です。

管理人
EcoFlow DELTA miniのACコンセントは100Vです!

電気ケトル(ティファール)

「DELTA mini」で電気ケトルを動かしてお湯を沸かしてみました

「車中泊で熱々のコーヒーを淹れたい、停電時に温かいラーメンが食べたい」

そんなシチュエーションで電気ケトルが使えるポータブル電源は本領を発揮します。

検証のため、「DELTA mini」で電気ケトルを動かしてお湯を沸かしてみました。

使用した電気ケトルは、ティファール 電気ケトル 「ジャスティン プラス」1.2Lです。

「DELTA mini」で電気ケトルを動かしてお湯を沸かしてみました

4,000円以下で購入できる一般的な電気ケトル。

アマゾンで「ティファール ジャスティン プラス 1.2L」の価格と詳細を見る

この「ジャスティン プラス」の消費電力は1250Wです。

なかなかこの出力をまかなえるポータブル電源はありません。

本当にちゃんと使えているかを確認するために「DELTA mini」と壁についているコンセントで500mlのお湯を沸かす時間を比べてみました。

結果は、「DELTA mini」が2分34秒、家庭用コンセントが2分43秒でした(家の中の電圧が若干低い)。

「DELTA mini」で電気ケトルを動かしてお湯を沸かしてみました

「DELTA mini」で電気ケトルを動かしてお湯を沸かしてみました

「DELTA mini」は家庭用コンセントと同じように電気ケトルを使えます!

なかなか使い続ける場面はありませんが、時間でいうと1250Wの電気ケトルが約40分使用可能。

「DELTA mini」で500mlの水が15回くらい沸かすことができます!

電子レンジ(ハイアール)

EcoFlow DELTA miniで電子レンジ

「DELTA mini」で電子レンジを動かしてみました。

使用した電子レンジは、「ハイアール JM-V16」です。

【ポータブル電源】「DELTA mini」で電子レンジを使ってみる

10,000円以下で購入できる単機能な電子レンジ。

アマゾンで「ハイアール JM-V16」の価格と詳細を見る

この電子レンジの定格消費電力は1250W。

電子レンジが使えるポータブル電源は多くありません。

参考記事: キャンプや車中泊で家電を使いたい!ドライヤーや電気ケトル、電子レンジが使えるポータブル電源を紹介

「DELTA mini」は家庭用コンセントと同じように電子レンジを使えます!

このサイズのポータブル電源で電子レンジが使えると車中泊での食生活が劇的に変わるなぁ、と思いました。軽バンやコンパクトカーに積むことも可能ですよね。

ドライヤー(サロニア)

EcoFlow DELTA miniでドライヤーを使う
「DELTA mini」でドライヤーを使ってみました。

使用したドライヤーは、「SALANIA(サロニア) スピーディーイオンドライヤー」です。

アマゾンで「SALONIA サロニア スピーディーイオンドライヤー」の価格と詳細を見る

髪が乾くのが早いので使用時間が短くすむ省エネドライヤー。

サロニアの風量調節は、TURBO(強い温風)・SET(やや強い温風)・COOL(冷風)の3段階。

TURBO(強い温風)の時に最大1200Wの電力を使用します。

結論としては、コンセントと同じようにドライヤーが使えます。

EcoFlow DELTA miniでドライヤーを使う
COOL(冷風)の時は90W程度の電力量

EcoFlow DELTA miniでドライヤーを使う
SET(やや強い温風)の時は650W程度の電力量。

管理人(女性)はセミロングですが、この設定で十分しっかり乾かすことができます。

EcoFlow DELTA miniでドライヤーを使う
TURBO(強い温風)の時は1350W程度の電力量

以下の動画が実際にドライヤーを使ってみた様子です。ドライヤーの音が鳴りますのでご注意ください。

参照:【ポータブル電源】EcoFlow DELTA miniでドライヤーを使ってみました

管理人
「DELTA mini」でサロニアが40分くらい使えます!(TURBO設定の時)

参考記事: 車中泊・キャンプでドライヤーを使いたい!1000W以上のポータブル電源(Jackery・EcoFlow)

目次に戻る

炊飯器(タケルくん)

EcoFlow DELTA miniで車載炊飯器タケルくんを使う

車中泊派の方がよく使っている「直流炊飯器 タケルくん DC12V専用 JPN-JR001」。

シガーソケットポートを利用して電源を取ります。

EcoFlow DELTA miniで車載炊飯器タケルくんを使う

消費電力は、炊飯時平均90W・蒸らし時は電力不要なので0W。

一回の炊飯で使用した電気容量は38Wh。

EcoFlow DELTA miniで車載炊飯器タケルくんを使う

炊飯25分+蒸らし10分、合計35分でおいしいご飯が炊けました!

EcoFlow DELTA miniで車載炊飯器タケルくんを使う

参考記事:炊飯器 タケルくんとポータブル電源 Anker PowerHouse II 400でご飯を炊く

管理人
「DELTA mini」で炊飯器 タケルくんを使い、20回以上ご飯が炊けます

車載冷凍冷蔵庫

後ほど

他社との比較(Jackery・Anker・Max Power)

この項では、DELTA miniの容量882Whに近いモデルと比較をしてみます。

どのモデルもしっかり売れていて、レビューも高評価なものです。

800Whクラスのポータブル電源はほとんどないので比較が難しいのですが、「DELTA mini」が平均的になるようにセレクトしました。

完全なライバル製品がない700Whクラス〜1,000Whクラスの空白地帯で唯一選べるポータブル電源とも言えるでしょう。

アイテム名 価格 容量 AC出力 PD出力 重量 充電時間
DELTA mini 115,500円 882Wh 1,400W
(サージ2,100W)
100W 約11kg 約1.6時間
Anker800 74,800円 788Wh 500W
(最大1,000W)
60W×2 8.3kg 5時間
Jackery708 79,800円 708Wh 500W
(最大1,000W)
60W 6.3kg 5時間
Jackery1000 139,800円 1,002Wh 1,000W
(最大2,000W)
18W×2 10.6kg 7.5時間
MaxPower PL1000J 116,000円 1,000Wh 1,000W 60W 9.9kg 12時間

「DELTA mini」を他社と比較したデメリット

1番のデメリットは重量ですね。

一番容量のある「Jackery ポータブル電源 1000」よりも重くなっています。

とはいえ、EcoFlow DELTA miniの特徴 | 家電が使えるポータブル電源としては軽い!の項で記述したように、電子レンジやドライヤーなどの高出力家電が使えるポータブル電源の中では最も軽いです。

今回比較している4機種は高出力家電をちゃんと使えませんので、多少の重量増は仕方ないでしょう。

また、常に持ち歩いて使用するわけではないのでデメリットが表出するのは限定的。

「DELTA mini」を他社と比較したメリット

管理人が思う1番のメリットは「充電スピードの驚異的な速さ」。

「DELTA mini」は満充電まで約1.6時間。次点がAnker800とJackery ポータブル電源 708の5時間。

充電時間が早いメリットは使いたい時にすぐ使えること。「DELTA mini」は1時間で80%まで充電できるので予定をうっかり忘れていても間に合います。

用意周到な方は問題ないかもしれませんが、管理人のように旅の直前まで準備をしないずぼらな人には欠かせない機能。

特に台風などで停電が想定されているときは、この充電スピードが家族に安心をもたらすと思います。

充電スピードの検証は「EcoFlow DELTA miniの特徴 | 充電スピードの検証」の項で行っています。


次のメリットは1,400Wというクラス最大出力。

比較したモデルの中で、高出力家電(電子レンジ電気ケトルドライヤーなど)をフルパワーで使えるのは「DELTA mini」だけです。

容量が882Whなので高出力家電を長時間使用するのには向いていませんが、ちょちょっとドライヤーなどが使えるのは本当に便利です。

EcoFlow既存製品との比較(RIVERシリーズ・EFDELTA)

EcoFlow DELTA miniとRIVER Proの比較

EcoFlow既存製品とDELTA miniを比較してみます。

こうしてみると、バランスよく用途に合わせて製品が開発されていますね。

アイテム名 価格 容量 AC出力 PD出力 重量 充電時間
DELTA mini 115,500円 882Wh 1,400W
(サージ2,100W)
一部1800Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
100W 約11kg 約1.6時間
EFDELTA 159,500円 1,260Wh 1,600W
(サージ3,100W)
60W×2 14kg 約1.6時間
RIVER Pro 79,800円 720Wh 600W
(サージ1,200W)
一部1200Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
100W 7.2kg 約1.6時間
RIVER PRO
EXTRABATTERY
128,200円 1,440Wh 600W
(サージ1,200W)
一部1200Wまでの機器に対応可能(X-Boost機能)
100W 14.2kg 3時間

高出力家電を使いたいならばDELTAシリーズを

DELTA mini、EFDELTA共に出力が1,400W以上なので、コンセントと同じように家電が使えます。

RIVER ProをはじめとするRIVERシリーズは定格600Wですが、X-Boost機能で一部1,200Wまでの家電に対応。

X-Boost機能は家電側の電圧を下げる技術です。

参考記事:【EcoFlow】RIVERシリーズどれを選べばいいのかな?【他ブランドとの比較・使える家電の紹介】

容量が最重要な選択肢でなければ、DELTA miniが価格と性能からすると最もお買い得だと思います。

とにかく容量が必要な方は、RIVER Pro、またはRIVER Pro+エクストラバッテリーがおすすめ。

まとめ

Delta miniをソーラーパネルで充電

開発元のEcoFlow Technologyは、ドローンのトップメーカーDJI出身の技術者によるポータブル電源のスタートアップ。

「大容量のポータブル電源を開発して人の生活を支えたい」というのが立ち上げの動機とのこと。

実際、コロナウイルスによる、切迫する医療の現場に1004台、総額22,400,000円のポータブル電源を寄付してくれました。

マーケティング、販売、アフターセールスの支店が日本にもあり、日本人スタッフによるアフターサービス体制も万全。

メーカー保証期間は2年間。

詳しい方はもちろん、初めてポータブル電源を購入する方にも安心してご紹介できるメーカーです!

Delta mini最大のメリットはこれに尽きます。

女性が片手で持てるコンパクトさでほとんどの家電がフルに使えるポータブル電源であること!

今までこのような機能のポータブル電源は市場になかったんです。

アウトドアアクティビティーから災害対策まで一台でカバーできるマルチなポータブル電源。

もしも、購入の際に不安なことがありましたらコメントをいただければお答え致します。

created by Rinker
EF ECOFLOW
¥115,500 (2021/11/26 20:31:05時点 Amazon調べ-詳細)
故障した時の保証内容・保証期間は公式通販サイトがもっとも充実してます♪

DELTA mini(EcoFlow公式サイト)

以上、EcoFlow DELTA mini 実機レビュー | 女性が片手で持てるコンパクトさで家電が使える!という話題でした♪

11/27のセール情報

管理人
各社、各ショッピングモールでブラックフライデーが開催されています。年内では最も安くなるセールになりそうです(年末は安くしなくても売れますしね!)

トピック1:EcoFlow公式サイトでブラックフライデーセール開催中(12/3まで)。最大25%オフになっています!ほぼ全ての家電が使えるDELTA miniは87,400円に。この価格でドライヤーや電気ケトル、電子レンジが使えてしまいますよ!全商品、公式サイトが一番安いです♪
EcoFlowブラックフライデーセール

トピック2:Jackery公式サイトで最大30%オフのブラックフライデーセール開催中(12/2まで)。
なかなかセールにならない「Jackery ポータブル電源 1500 PTB152」も25%オフに。SNSでシェアすると2,000円の割引クーポンがもらえます♪

Jackery Japan公式サイト

トピック3:アマゾンと楽天でもブラックフライデーセール開催中です。下の欄でまとめています。

Amazonセール

おすすめポータブル電源の最安値情報は「おすすめポータブル電源の短評と過去最安値情報」にまとめてあります。

楽天セール

PayPayセール

レンティオではポータブル電源のレンタルができます

今すぐ見てみる

エコフロー,Anker,JVCケンウッドなどが3,000円からお試しできます!高額商品で失敗が怖い方はまずレンタル♪

価格帯別おすすめポータブル電源

-実機レビュー
-, , ,

Copyright© POWER BANKS | 大容量ポータブル電源の選び方 , 2021 All Rights Reserved.