ポータブル電源 ミニコラム

【災害の備え・キャンプ】EcoFlow RIVER600シリーズとJackeryを比較【ポータブル電源】

【災害の備え・キャンプ】EcoFlow R600シリーズとJackeryを比較【ポータブル電源】

白物家電と違い、よくわからないブランドばかりなのがポータブル電源。

そんな中、いくつかのブランドが信頼を得ていて、売り上げが集中してきています。

アマゾンで「ポータブル電源」売れ筋ランキングを確認する

下の表が売上高(2019/9〜2020/9)で比較したブランド集中度です。

ポータブル電源売上高ランキング
※アプリでデータを集めているので誤差があります。参考程度に。

トップは売り上げシェア40%、ダントツでJackery。

その後、スマートタップ、suaoki、EcoFlowと続いています。

EcoFlowに関しては、エコフローテクノロジージャパンと表記が分かれてしまっているので実質的には2位です。

そこでJackeryの各モデル(240/400/700/1000)とEcoFlow RIVER600シリーズを比較してみたいと思います。

EcoFlow RIVER600シリーズのクラウドファンディングページでJackery製品と比較して悩まれた方が多数見受けられました。

エコフロー RIVER 600シリーズ(Makuake)

両社ともに、製品レベル・カスタマーサービスレベルが優れているので悩んでしまいますよね。

用途にぴったりなポータブル電源選びの参考になれば幸いです。

Jackeryの各モデル(240/400/700/1000)に、RIVER600シリーズの容量・価格帯が近いものを比較させていきます。

RIVER600シリーズを購入することは決まっていて、どのモデルにするか迷っている方には「【EcoFlow】RIVER 600シリーズどれを選べばいいのかな?【他ブランドとの比較・使える家電の紹介】」という記事がありますので、よかったら読んでみてください!

「Jackery 240」と「EcoFlow RIVER600」の比較

価格で選ぶならJackery240、性能・拡張性ではEcoFlow RIVER600

女性

全体的な性能ではEcoFlow RIVER600に軍配が上がります。ひとまずスマホなどの充電ができて出費を抑えたい方はJackery 240がおすすめ。

Jackery240は、2万円台のポータブル電源ではもっとも売れている製品です(月間1,300台くらいかな)。

EcoFlow RIVER 600は、RIVER 600シリーズの中でもっとも安価なシンプルモデル。

エクストラバッテリーをプラスすることで「RIVER 600 MAX」にすることができる拡張性を持ちます。

両者には価格差が約1.5万円あるので比較するのは少し無理がありますので参考程度に。

価格 容量 出力 重さ 充電時間
Jackery240 25,800円 240Wh 200W(最大400W) 3.2kg 7時間
RIVER600 39,600円 288Wh 600W(最大1200W) 5kg 1.6時間

容量はだいたい同じくらいですね。

大きな違いとしては、「出力(W)」「充電時間」「USB-Cポートの有無」「LEDライトの有無」です。

RIVER600シリーズは全てのモデルでX-Boost機能を使えば、一部1200Wまでの家電を使うことができます。

例えば、RIVER600だと容量288Whなので、1200Wのドライヤーを20分くらい使えます。

RIVER 600MAXで使える家電の実演レビュー(当サイト内記事)

Jackery240は出力200Wなので高出力家電は使用できません。

コンセントからの充電時間は、Jackery240が7時間に対して、RIVER600は1.6時間と圧倒的な差があります

RIVER600にあって、Jackery240にないものが「USB-Cポート 100W」と「LEDライト(通常点灯・SOS点滅・注意喚起点滅)」「エクストラバッテリーでの容量増加」です。

出費を抑えて、USB-Aでのスマホ充電、ACコンセントでPCなどの軽出力家電を使いたいという方には「Jackery240」がぴったりです。

USB-CポートやLEDライトが必要、短時間でもドライヤーや電気ケトルを使いたい、将来的な容量増加を考えている方には「RIVER600」をおすすめします。

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥25,800 (2020/10/24 08:43:28時点 Amazon調べ-詳細)

エコフロー RIVER 600シリーズ(Makuake)

「Jackery 400」と「EcoFlow RIVER600 MAX」の比較

ちょっと比較対象にならないかも

女性

価格なら「Jackery400」、LEDのモードライトで楽しみたい方は「RIVER 600 MAX」

Jackery400は、4万円台のポータブル電源ではもっとも売れている製品です(月間1,500台くらいかな)。

EcoFlow RIVER600MAXは、上記のRIVER600にエクストラバッテリーを追加したモデル。

容量576Wh、AC出力600W(サージ1200W)になります。

LEDライトを様々なバリエーションに輝かせることができる仕様(ムードライト)が「RIVER 600 MAX」だけに組み込まれています。

両者には価格差が約2万円あるので比較するのは少し無理がありますので参考程度に。

価格 容量 出力 重さ 充電時間
Jackery400 44,800円 400Wh 200W(最大400W) 4.1kg 7.5時間
RIVER600MAX 63,800円 576Wh 600W(最大1200W) 7.6kg 1.6時間
created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥44,800 (2020/10/24 00:46:06時点 Amazon調べ-詳細)

エコフロー RIVER 600シリーズ(Makuake)

参考:RIVER600 MAXのパッケージ・外観・同梱物

「Jackery 700」と「EcoFlow RIVER600 PRO」の比較

定番商品なら「Jackery700」、高出力・拡張性なら「RIVER600 PRO」

女性

価格・容量は同じくらい。電子レンジやドライヤー、電気ケトルを使う可能性がある方は「RIVER600 PRO」を選ぶと良いと思います

Jackery700は、ポータブル電源業界でもっとも売れている製品だと思います(月間2,000台くらいかな)。

「EcoFlow RIVER600 PRO」はエクストラバッテリーを接続するための基礎になるモデルです。

価格・容量ともに同じくらいで、どちらを購入しようか迷われている方が多い組み合わせ。

価格 容量 出力 重さ 充電時間
Jackery700 79,800円 700Wh 500W 6.3kg 11時間
RIVER600PRO 79,800円 720Wh 600W(最大1200W) 7.2kg 1.6時間

価格帯・容量は同程度ですが、出力は「RIVER600 PRO」に軍配があがります。

「Jackery ポータブル電源 700」は500Wなので高出力家電は使用できません。

容量だけで選ぶならば、どちらを選んでも大丈夫です。

電子レンジやドライヤー、電気ケトルを使う可能性がある方は「RIVER600 PRO」を選ぶと良いと思います。

「RIVER600 PRO」の720Whという容量は、600W以上の高出力家電が約1時間以上使える容量です。

created by Rinker
¥67,830 (2020/10/23 22:56:24時点 楽天市場調べ-詳細)

エコフロー RIVER 600シリーズ(Makuake)

「Jackery 1000」と「EcoFlow RIVER600 PRO+エクストラバッテリー」の比較

タイトル

どちらも大容量・高出力でおすすめできる!

必要に応じて、持っていく容量を変えたい方は「EcoFlow RIVER600 PRO+エクストラバッテリー」、分割する必要がなく、1000Wまでの家電をそのまま使いたい方は「Jackery1000」

価格 容量 出力 重さ 充電時間
Jackery1000 132,810円 1000Wh 定格1000W最大2000W 10.6kg 7.5時間
RIVER600PRO+ 129,300円 1440Wh 600W(最大1200W) 14.2kg 3時間

大容量ポータブル電源対決ですね。

ともに容量1000Wh、出力1000Wを超えます。

「Jackery1000」は、普通に1000Wまでの家電を使用できます。

ドライヤーは稼働はするかもしれませんが、メーカーから使用が推奨されていません。

電気ケトル、電子レンジも1000Wまでのものならば稼働できます。

管理人
「EcoFlow RIVER600 PRO+エクストラバッテリー」は、RIVER600 PROに720Whのエクストラバッテリー(RIVER 600 PRO専用)を接続させたものです

この2つを接続することで、合計1440Whの大容量ポータブル電源へ進化します。

高出力家電のドライヤーや電子レンジ、ポータブル冷蔵庫なども長時間使用することが可能になります。

しかし、例えば1000Wの家電は600Wまで電圧を下げて使用する点に注意。

同じエコフロー社の「EFDELTA」、「suaoki G1000/G1200」、「ALLPOWERS Monster X」と高出力家電の使える【1000W・1000Wh以上のポータブル電源】がありますが、「RIVER 600 PRO + エクストラバッテリー」には他にはないメリットがあります。

必要ない時はエクストラバッテリーを切り離して、「RIVER 600 PRO」だけで持ち運びできる点です。

コンパクトカーでキャンプや車中泊をしている方、管理人もですが荷物はできる限り少なくしたいもの。

用途や日程に応じて容量を選べるのは、今までにない特徴・メリットです!

ユーザーニーズを丁寧に拾ったことから生まれたアイデアなのでしょうね。

分割する必要がなく、1000Wまでの家電をそのまま使いたい方は「Jackery1000」。

必要に応じて、持っていく容量を変えたい方は「EcoFlow RIVER600 PRO+エクストラバッテリー」。

EcoFlow RIVER600 PROは一部1200Wまでの家電が使えますが、600W以上のものは電圧を下げて使用します。

分割の有無・使いたい家電の出力量で選ぶと良いと思います。

created by Rinker
Jackery(ジャクリ)
¥139,800 (2020/10/24 08:18:35時点 Amazon調べ-詳細)

エコフロー RIVER 600シリーズ(Makuake)

まとめ:保証期間はどちらも2年間で安心

この二社に共通するのは、「カスタマーサービスの質が高い」ということ。

保証期間は2年ありますし、困ったことがあったらメール等で連絡するとすぐに返事がきます。

ポータブル電源というわかりにくい製品だからこそ、性能は元よりアフターフォローも重要視すべきであると考えます。

予算や用途に合わせて、ぴったりのアイテムを選んで頂く一助になれば幸いです。

【最大37%オフ】RIVER600シリーズのクラウドファンディングは10/30まで!

超早割・早割はすぐに売り切れてしまいましたが、まだMakuakeスペシャル価格で購入することができます。

10/14現在、応援購入金額が3億円を超えています!

例えば、災害に備えるための「ポータブル電源」+「ソーラーパネル」セットで価格を見てみましょう!

1440Whの「RIVER 600 PRO+エクストラバッテリー」と「ソーラーパネル110W」のセットは37%オフの109,900円で買うことができます。

1000Whの「Jackery ポータブル電源 1000」+「Jackery SolarSaga 100 ソーラーパネル 100W」が174,600円ですので、RIVER600のMakuakeスペシャル価格はかなり安いことがわかります。

安いだけでなく、アフターサービスもしっかりしています。

開発元のEcoFlow Technologyは、ドローンのトップメーカーDJI出身の技術者によるポータブル電源のスタートアップ。

「大容量のポータブル電源を開発して人の生活を支えたい」というのが立ち上げの動機とのこと。

Makuakeでも「EcoFlowは、災害の多い日本の電力をサポートするために、これからも日々、進化し続けます」と書かれており、しっかりと日本に足をつけているメーカーです。

実際、コロナウイルスによる、切迫する医療の現場に1004台、総額22,400,000円のポータブル電源を寄付してくれました。

マーケティング、販売、アフターセールスの支店が日本にもあり、日本人スタッフによるアフターサービス体制も万全。

メーカー保証期間は2年間。

詳しい方はもちろん、初めてポータブル電源を購入する方にも安心してご紹介できるメーカーです!

管理人
最新の在庫状況はMakuekeでチェックしてみてください!
RIVER 600シリーズ(Makuake)

以上、【災害の備え・キャンプ】EcoFlow R600シリーズとJackeryを比較【ポータブル電源】という話題でした。

ポータブル電源ランキング

10/22のセール情報

Amazonセール

楽天セール

レンティオではポータブル電源のレンタルができます

今すぐ見てみる

Anker PowerHouse,JVCケンウッド,マクセル ポータブル電源 Energy Stationが3,000円からお試しできます!

 

価格帯別おすすめポータブル電源

-ポータブル電源 ミニコラム
-,

Copyright© POWER BANKS | 大容量ポータブル電源の選び方ガイド , 2020 All Rights Reserved.